35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

2022年6月の心療内科通院

2019年6月から傷病手当を受給しながら1年6ヶ月休職して

東証一部上場企業の就労が限界になった経緯(その17) - 35歳限界説な男の人生記録

 

35歳限界説の男が休職した日の話 - 35歳限界説な男の人生記録

 

2020年に精神障害者保健福祉手帳を申請し交付され

 

精神障害者保健福祉手帳の申請結果が届きました - 35歳限界説な男の人生記録

2021年1月下旬に障害者雇用で復職した35歳限界説の男です

 

復職してから1ヶ月に1回以上心療内科の通院をしております

眼から膿が溢れ出す - 35歳限界説な男の人生記録

はやり目(流行性角結膜炎)に患った後の話 - 35歳限界説な男の人生記録

↑はやり目(流行性角結膜炎)という眼病に患ってしまい1週間休んでしまい、なおかつうつ病の症状が悪化してしまいました

 

心療内科通院】

心療内科に行きました

睡眠サイクルなどの問診をまずしてから


f:id:genkai35sai:20220606115831j:image

医師に

  • 眼病を患ったこと
  • 眼病だけでなく半年間で尿路結石や濃厚接触者になってること
  • 病気等のトラブルだけでなく、仕事がキツイ、私生活上で人間関係のトラブルがある
  • 半年間ずっとトラブル続きで将来もトラブルが続発する不安

を私はお伝えしました

 

医師の返答

「尿路結石の再発しないような生活習慣作りや眼病を良くしていきましょう、やれることを順々になるしかないですね」

「体調面だけでなく会社でのトラブルがあり耐えきれない場合はまた緊急的に来院してください」

短くまとめるとこのような感じでした

 

心療内科で対応出来ることとそうではないことがありますので、身体の様々なトラブルが続発するのは止められない

さすがに心療内科の医師は全知全能の神ではないので対処法は限られますよね…

それでも睡眠剤抗うつ剤などを服用しながらやれることはやらないといけない…

 

【しんどい人生と見えない将来】

病気してるのは免疫力が低下しているからだと思います

免疫力低下の要因は就労での疲労やストレスが主な要因でありますが

今まで生きてきた人生って良い事はごくわずか

辛い・悲しい思いをする時間の方が膨大です

 

過去・現在が辛いことばかりなので将来も辛い時間が推移していくって考えてしまうので

家で発狂してしまい、奇声・奇行を発してしまう

このままだと良くなる将来が見えない

このまま良好な状態にあまり変化させれないことが続くと悲惨な末路になる可能性が強くなる

 

【時間は待ってくれない】

老化

精神疾患

日本の情勢

どんどん悪化の一途になる

時間は待ってくれない

 

なるべく日本から脱出したい理由 - 35歳限界説な男の人生記録

だからこそ日本脱出計画を進めなければならない

 

無理矢理就労させられる

無理矢理搾取される

無理矢理抑圧される

幸せな時間がほとんど無い

 

そんな人生はぶっ壊す、打破する、叛逆する!

その為に精神又は身体の限界まではやれることをやっていく