35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

こんなもん、「等価交換」じゃねーよ!

実家が資産家とか宝くじ高額当選しているとか生活保護受給者であるとかの例外は除くと

働かないと衣食住が賄えないわけで、生活が破綻してしまい生命が絶たれます

 

「働くこと」「衣食住などの必須なものを得ること」等価交換になってないと私は思う

 

自分の極端な例を出すと

 

実録、ブラック企業の乗馬クラブスタッフ(その2) - 35歳限界説な男の人生記録

 

実録、ブラック企業の乗馬クラブスタッフ(その4) - 35歳限界説な男の人生記録

ブラック企業で劣悪な条件働いて僅かながらの賃金、そして過労死しそうになったのに得れるものは衣食住を賄うこととか等価交換なわけねーよ

 

注意一秒怪我一生 - 35歳限界説な男の人生記録

金属ワイヤーで薬指千切れてしまうような環境で働いても得れるものは衣食住を賄うこととか等価交換なわけねーよ

 

東証一部上場企業の就労が限界になった経緯(その3) - 35歳限界説な男の人生記録

狂気的な先輩社員にとてつもない詰められた方して働いて得れるものは衣食住を賄うこととか等価交換なわけねーよ

 

能力的に難しいですよと説明しても仕事だからやらないと困ると言われ、仕事が案の定追いつかないし免疫力も壊して働いて得れるものは衣食住を賄うこととか等価交換なわけねーよ

 

上記のエピソードが無くても就労しないと衣食住維持出来なくて生命が絶たれるのが自分には理解不能なシステム

辛い負担と見返りが見合ってない、衣食住を維持の為に奴隷なんてやりたくねーよ!

 

この世に無理矢理産まれさせられて

無理矢理働かせられて

得れるものはこれだけ

等価交換なわけねーよ!!

 

日本に非上級国民で産み落とされると罰ゲームばかり、くだらないね

生きてる意味って何だろうね