35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

親友・友人の成功や幸せを妬む人が世の中には居るらしい

西村ひろゆきさんのYouTube配信にて

自分が幸せじゃない人って

他人を幸せにするのも難しいのと

他人の幸せを望めなくなるんですよね

 

自分すげー苦労してるから

他の同じ高校の同級生とかが

就職に失敗した話を聞くと幸せになるとか

あいつコケればいいのにとか

例えば高校生の同級生で芸能人が出たとかになると

失敗したり落ちぶれればいいのに

みたいな足を引っ張ることを期待し始めるんです

周りの人が失敗しても自分の幸せには全くならないんですよ

なので周りに不幸な人を増やせば増やすほど、周りの人が頼りにならなくなる

 

逆に周りの人が成功する環境にいると

めちゃめちゃ頼れるんですよ

僕は割と周りに成功してる人が多いので

「すげー腹減ったんで奢ってください」って言って、多分奢ってくれる人100人以上は居ると思うんですよね

大学の友達とかでも「腹減ったから、ちょっと飲みに行かない?奢ってくれない?」

って言ったら大学の友達は多分奢ってくれると思うんですよ

 

(中略)

 

周りの人が豊かだからたかることができるんですよ

僕、缶ジュース買わないって話を(You Tubeの配信で)何回かしたことあると思うんですけど

(学生時代は)本当にお金無かったから

お金使わない生活してたので

周りの人の方が豊かだよねっていうのは、周りの人も僕を見て思ってたんですよ

飯くれとか泊めてくれとか言うと大体誰でもしてくれたんですよ

それは彼らが豊かだからで

 

飯を奢る金無いとか泊めようにも泊めさせれる部屋なんか無いよと言う人に泊めて貰えないじゃないですか

僕は周りに幸せな人が多いので、そこにたかることが出来るので

周りの人が幸せになった方がたかりやすいし

周りの人の幸せがあった方がいいし

僕は周りの人が成功する為にはちゃんと協力しますよ

っていう話をされてました

 

この話、私は同意出来ます

 

自分の親しい友人・知人が何か失敗しても、替わりに自分にメリットがある事例って少ないと思うのです

例えば

自分は受験を受けず高卒です

友人は高偏差値な大学の受験をします

友人が高偏差値の大学受験が不合格でした

 

ここから得れるメリットがあるでしょうか?

無いですよね

 

自分はコロナ禍より前もコロナ禍でも無職です

友人はコロナ禍より前までは大企業で年収の良い企業に正社員で勤めてました

友人がコロナ禍でリストラされて無職になりました

 

ここから得れるメリットがあるでしょうか?

無いですよね

 

友人と同じ企業や学校へ進む枠、最後の一席を争ってるなら妬ましいとかになるかもしれないが

そうじゃなければ友人が失敗しても、別にメリットは増えないです

 

逆に

友人が高偏差値な大学合格したから祝う

友人が良い条件の企業に内定したから祝う

友人が事業をやって成功したから祝う

 

祝ってあげると友人は嬉しくなる

もしかしたら

ご飯をごちそうしてくれるかもしれない

勉強方法や大企業内定方法を教えてくれるかもしれない

コネで就職させてくれるかもしれない

ってなる可能性もあるのです

 

妬んだり悪口言ったり足を引っ張る人に何かしてあげようという気持ちにならないですよね

友人の成功を称える・褒める・祝う方がメリットを得るチャンスも出ますよ


f:id:genkai35sai:20220525101600j:image

「妬んで友人の足を引っ張ると損をするだけなんだ」

 

これは私個人的な話になりますが

友人の良いところを称える・褒める・祝うことをメリット抜きでしたいと思います

同じ釜で飯を食ったレベルの親友なら妬むよりも良い気持ちを共有したいなって思っているので

今まで友人が難関資格取得・大企業就職・株などで大幅利益・趣味で受賞する・良い女性(又は男性)との交際・結婚など素直に祝いました