35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

丁寧に教える環境・教えない環境

私が子供の頃

「ズームイン朝」か「ウェークアップ」のどちらかだとは思いますが

日テレ系の朝時間帯報道番組にて

政治評論家のおじさんが

「次の内閣総理大臣橋本龍太郎になります」

 

幼い私はそうゆう報道番組を見ていました

 


f:id:genkai35sai:20220421163819j:image

↑第82代内閣総理大臣橋本龍太郎

 

その年内に橋本龍太郎が総理大臣に就任したので

子供ながらに私は

「この前のテレビ出てたおじさん、橋本龍太郎が総理大臣になるの予言しててすごい…!!」

って思って

 

後日日テレ系報道番組にこの前の政治評論家のおじさんが出演してたテレビを見ていて

私は親に

「このおじさん、橋本龍太郎が総理大臣になるって言ってて本当に総理大臣になってすごくない?」

って言うと

 


f:id:genkai35sai:20220421145551j:image

親「そんなもの、橋本龍太郎がなって当たり前だろう」

その返答のみなんですよ

何故政治評論家が総理大臣に橋本龍太郎が就任すると言い当てれたか解説しないんです

大人になった私は自民党が与党である事や自民党内の派閥の動き、総理・総裁候補の決め方とかネット記事等で理解しましたが

子供が自発的に理解しているのは難しいと思うのです

 

政治の話だけに限らず、子供ではまだ理解してない事柄は様々ある

それを聞いた親がどう対応するかは家庭によって差があると思うのです

 

私の出身家庭のように教えない、聞き流してハイ終わりって両親も居れば

子供が思った事を丁寧に教えてあげて知識をつけてあげる両親が居る家庭もあると思うし

子供が思った事を一緒に考えてあげて考えるチカラつけてあげたり、親子のコミュニケーションを重ねる家庭もあると思うのです

両親が子供に対する接し方も差が出てくる

 

雑に接する・邪険に接する両親に育てられた子供

丁寧に育てられた子供

どちらが知識や生き抜く能力が伸びやすいかといえば丁寧に育てられた子供の方が伸びますよね

子育てで差がつく後天性要素

 

子供へ雑に接する・邪険に接する両親なんて両親自体の能力も低い人が多いのではないか

そうゆう両親の遺伝なので子供も元々能力が低くなりやすい先天性要素でも差があると思う

 

遺伝要素で能力が低い(先天性)

雑・邪険に接されて知識や能力が低い(後天性)

負の相乗効果で育ち能力が著しく低い状態で社会人になる人間が出来てしまう

そのような生育環境で社会人になると生きる事が困難になりやすい

 

親ガチャって結構影響力ありますよね

少子化対策を煽る世論で

人間性が良くない人にまで出生や育児を奨める世論は子供が不幸な人生になってしまう可能性が高くなります

両親に資産の有無も重要ですし

能力・遺伝性疾患の有無も重要ですが

「育児に向いてる人間性

これも重要である事を伝えたくて、このようなブログ記事を書いた