35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

障害者雇用で復職して1ヶ月経過しました

35歳限界説な男の人生記録ブログ

35歳限界説の男が休職した日の話 - 35歳限界説な男の人生記録

2019年6月、うつ病と仕事の能力不足によって休職して

精神障害者保健福祉手帳の申請結果が届きました - 35歳限界説な男の人生記録

2020年3月に精神障害者保健福祉手帳(3級)を交付され

35歳限界説の男、障害者雇用として復職する - 35歳限界説な男の人生記録

2021年1月から障害者雇用として復職した35歳限界説の男といいます

復職して1ヶ月経過しました、退職せずにまだ働けております

 

業務内容は変わらず

35歳限界説の男、障害者雇用として復職する - 35歳限界説な男の人生記録

今してて詳しい内容書ける1つ具体的な業務を書くと
コロナ禍なのでコロナウイルス対策をする業務をしてます

東証一部上場企業な製造業なので、たくさん取引先の人や本社の人が来社されることがあります

応接室や会議室の清掃・消毒や手洗い用洗剤・消毒剤の補充を初日からしてました

手洗い用洗剤や消毒剤は事業所の敷地内設置してるところ全部巡回して補充します

敷地面積が一般的な町工場とは違って結構広いです、ずっと徒歩で巡回して洗剤や消毒剤の内容量を目視して少ないなら補充

コロナウイルス対策業務だけでも2〜3時間はかかります、それ以外の時間はここでは書かない業務をしてます

コロナ対策業務は引き続きしております

他の業務内容は書けないですが、復職し始めてた当初よりは業務内容が増えましたが着いていける業務内容や業務量です、時間外勤務はありません

障害者雇用なので配慮されているのだと思われます

この業務内容や業務量が維持していただけたら良いのですが…

 

東証一部上場企業の就労が限界になった経緯(その14) - 35歳限界説な男の人生記録

↑現職は民間企業ですので、以前ブログ記事にしたこのパターンみたいに全く業務変えられてしまう可能性におびえております…

 

 

業務内容や業務量が着いていける仕事であれば、問題ない生活になるかというと

業務内容や業務量が着いていける仕事であっても

睡眠時間をとらないと心身もたなかったり、勤務時間が週5日フルタイムだったりするので勤務時間外の時間の使い方がシビアになります

理由のない遅刻・早退・欠勤はもちろん厳禁なので、勤務時間外の限られた時間に体力や精神を回復したり、睡眠時間を作ったり、家事や用事を全部こなさいといけません

休職中と復職後では時間の余裕にかなり差があります…

労働者として当たり前なことではあります、しかし就労しつつ就労以外のこともするので負担はあります…

休職中とは違い、いろいろ負担や勤務時間外の私生活時間に出来てないことややれないことがあったりして大変です、自宅の部屋があまり掃除する時間や体力が無くて休職中より汚くなりました…

 

【復職後の私を心配してくれる友人・知人】

休職を終えて障害者雇用として復職する話を伝えた友人・知人がいます

復職して1ヶ月間にいろんな人から

 

「復職したけど大丈夫か?」

「復職して暫く経つけど上手くいってる?」

「辞めたりしてない?」

「お疲れ様、精神的に大丈夫?」

「生きるの厳しくなった?」

などメッセージを頂いてます

 

ほとんど心配する内容なメッセージの理由は

私が就労していると精神疾患が深刻な状態になってしまい、奇声・奇行・癇癪・不健康な精神や生活習慣・(違法ではないがはてなブログに書けない内容な)異常なことなどを発症してしまう可能性が高いからです

あと仕事する能力も無能なので過去ほとんどの仕事に着いていけれてませんでした

こうゆう私の事情を友人・知人は知っているので休職中よりも精神悪化する心配をしていただいてます…

気を遣ってくださる友人・知人が多くて私はかなり恵まれております

 

どれだけ勤続出来るかわかりませんが

何年何十年も働かないといけない…

って考え出すと精神が悪化しますので

1日1日なんとかやりきれればいいな…ってのを祈りながら毎日過ごしております

 


f:id:genkai35sai:20210226152410j:image

人生の限界が近い将来なのか遠い未来なのかはわからない、ワンチャンスある状態なんだし、やってみるしかないね