35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

2021年3月の心療内科通院

2019年6月から休職して、傷病手当を給付されながら生活をしつつ、ブログを書いて1年6ヶ月程過ごして

2021年1月下旬から

35歳限界説の男、障害者雇用として復職する - 35歳限界説な男の人生記録

障害者雇用として復職した、私35歳限界説の男という者です

初見の読者さんが居ましたら上記だけでも覚えていただけたら嬉しいです

 

復職して2ヶ月目になりました

2021年3月も心療内科通院をします

復職したから心療内科通院辞めるということはなく、うつ病が完治したわけではないですし

精神障害者手帳保健福祉手帳が交付される程のうつ病なのでずっと通院すると思います

 

復職後、初の心療内科通院 - 35歳限界説な男の人生記録

↑復職後、初めての心療内科通院で私の心境や問診の内容などをブログ記事にして書きました

今回の心療内科通院についても記事を書きます

 

医師から、復職してからの経過の問診があり

 

私は

  • 業務は難易度少々上がってますが着いていける範囲
  • (処方されている睡眠剤を服用しても)睡眠がすんなりいかない日が週1日程度ある

という現状はお伝えしました

復職してからは休職中とは違って若干支障は出てきたことは医師に伝わったとは思います

医師からは「まだ慣れない部分はありますが少しずつ適応出来るようにしましょう」

って話になり経過観察になりました

次回の通院や処方箋の話をして退出し、処方箋を受付で受け取りました

 

精神状態を悪化に少しでも歯止めをかける為に


f:id:genkai35sai:20210312115921j:image

岡崎城を外から見ながら散歩したり

回転寿司に行ったり

冬季性うつの話とうなぎの話 - 35歳限界説な男の人生記録

うなぎを食べたり

後日ブログ記事にするかもしれない気分転換になる場所を行ったりなど

自分なりに歯止めをかける為に金曜の夕方や土曜は何かしてます

それでも精神状態の悪い部分は取り切れ無いと思いますが…

 

一番薬になる、劇的に症状を改善する方法としましては、宝くじの高額当選などで働かなくても良い資金を得てリタイア生活を送ること

それ以外に思いつくとしたら人生に価値が出るような趣味・出来事とか、交際相手が出来るとか、資産形成が順調にいって将来のリタイア生活が見えてくるとかもそれなりに精神状態が上向くとは思いますが

 

全部持ってないので良い改善策は今のところありません

 

精神状態が不安定な生活をどこまでやれるのか自分自身でもわからなかったりします

仕事内容がこのまま着いていける内容のままであるとも限らないので、不安はたくさんありますし

就労してるのに、就労した分の価値がある私生活に出来る気もしないです…