35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

復職前に朝食の準備

※このブログ記事は復職前に書いてます

 

復職前に準備をしており


f:id:genkai35sai:20210114210609j:image

ゼリー飲料食品やカロリーメイトをたくさん買いました

画像で全部ではなくこれ以上に購入してます

仕事の日の朝はどうしても布団から出るのが辛いので朝食を調理する気がありません

 

スマホからアラームが鳴って起床→泣くか目をつぶりながら世の中への恨み節を脳内でかけ巡らせる→「仕事怖い・仕事嫌だ・仕事辛い」の連呼をする→布団の中で朝食→時間になったら無理矢理布団から出てトイレ→歯磨き等→着替えて無理矢理玄関を出る

休職前と同じことをしてるなら多分こんな朝の時間を過ごしてると思います

 

休職前から朝食はゼリー飲料食品やカロリーメイトばかりでした

復職してから購入するのは購入しに行く体力や気力があるとも思えないので、事前に大量に購入しました

1ヶ月半分を購入しました

 

精神的に少しマシな日は咀嚼する食べ物であるカロリーメイトを朝食にします

 

咀嚼するにも時間や体力が要ります

 

仕事の日の朝は精神的に悪い日が大半なので、咀嚼しなくても摂取出来るゼリー飲料食品を朝食とする日が多いです

 

私は野菜をあまり食べないので、ビタミンが入っている物を選びます

 


f:id:genkai35sai:20210114211624j:image

「そんなにめんどくさいなら朝食食べなければいいんじゃないの?」

と思われそうですが…

一応健康の為や仕事中にバテない為に少しは食品を口にします

「朝食を摂って無いのでバテました」なんて上司や同僚に言おうものなら、激しい叱責をされてしまいます

あと夏の場合は水分だけでなく、塩分やミネラルが不足した状態で働くと熱中症にかかる可能性も高くなります

職場で何度も倒れた話 - 35歳限界説な男の人生記録

製造業勤務の人にとって熱中症の危険はすごく高いです

 

この記事は復職前に書いたストックの記事なので朝食をどう摂取してるか記事書いてる時点ではわからないですが、休職前と同じ状態ならこんな朝食を仕事の日の朝は摂ってる事でしょう