35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

職場で何度も倒れた話

夏本番になり、暑くなってきました

熱中症になるとどうなるかの話をしてみます

 

今休職してる会社ではなく、前職は鋳造業してました

内容を簡単に言うと

・砂の型に溶かした鉄を注ぎ込む

・しばらく時間をかけて冷えて固まります

・型をバラして、余分な部分を削る


f:id:genkai35sai:20190724152009j:image

鉄を注ぎ込む工程の人はもちろん真夏は地獄です

私は鉄を注ぐ前の工程を担当していましたが

夏場は室温40℃超えてます

身体の芯まで暑くなり、脳が暑さでやられてしまう感覚

身体から塩分・水分が抜けていく為

熱中症になり、頭痛→冷や汗→眩暈・嘔吐と順に症状が出て

 

最終的に倒れてしまいます、年3回程倒れた経験があります

 

熱中症地獄の職場に4年程勤めましたが二度と戻りたくない職場環境でした

カーボンの砂が舞ってたり、硫黄のガスが噴出してるような環境だったので、肺にもよろしくないですし

 

熱中症対策はしても環境によっては倒れてしまいますので、過酷な労働環境の方はなるべく身体をご自愛ください