35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

東証一部上場企業の就労が限界になった経緯(その4)

前回の人生記録カテゴリー記事にて

東証一部上場企業の就労が限界になった経緯(その3) - 35歳限界説な男の人生記録

業務や窪塚様に追い込まれていく話を書きました

 

今回は追い込まれていくと精神が壊れていく話を書きます

退勤後に家に帰っても

明日も難しい業務や窪塚様からの叱責や追及があるのか

と思うと気が休まらず…

 

シャワーを浴び、冷凍食品・カップ麺・菓子パン・栄養補助食品などの簡易的な食事を摂取

 

 

大塚製薬 カロリーメイト ブロック チョコレート味 4本×10箱
 

 

↑精神が極度に追い込まれてしまう日はゼリー食品かカロリーメイトの二択な食事になるくらい食事に手間をかける気力が無くなります

 

ひたすら布団の中に引きこもるというのが平日の夜してたことです

精神異常な行動もしてます、(書ける範囲で書くと)部屋で泣いたり叫んだりなどです…

その他にも(違法行為ではない)異常な行動はしてますがはてなブログの記事に書けるような内容ではありません…

違法行為は一切無いのですが、他人が見たらどん引きするような奇行…

 

精神や行動が既に精神疾患・精神破綻してる状態になってました

金曜の退勤後ですら、既に週明けの業務や先輩社員さん達のことを考えてしまい気がずっと休まらない…

 

人生を損切りする予定だった精神異常男 - 35歳限界説な男の人生記録

前職の鋳造工場で働いていた頃(2015年頃)に知り合って交際始めた人が居ました

何もプラス要素が無い私が交際相手が出来たので人生をなんとか良くなるように、転職の為の職歴作りや資格取得をしていました

それを見ていた交際相手は現職に入社して更に精神異常になった私でも数ヵ月は見捨てることなく支えていただいてたのですが…

転職して(待遇が)まともな企業に入社したのにもかかわらず、更に異常行動したり仕事を退職したがる私を見て

とある日、いきなり

交際相手が消滅しました

 

別れ話があったり、喧嘩したりとかではないですし

消滅する前日までメッセージのやりとりもしてましたし、内容も普段と大差無いやりとりでしたが

突然消えました、蒸発って言葉が相応しい状態です

 

事態を理解するまでかなりの月日がかかりましたが

休職して精神が比較的小康状態となった今の期間に思い返すと

  • せっかく転職まで前向きに進んでいたのに転職してこの有様だったので幻滅してしまう
  • 精神が悪化し過ぎて異常な私と交際相手との会話が成立しないときもある
  • 長期間、精神疾患な私を支えるのは疲弊してしまう
  • 私のことが異常な部分ばかり気にかけてもらっていたので、交際相手の話題が二の次な状態になっている

このような状態だったのでいきなり消滅してしまってもおかしくはないですね

すごく苦労をかけてしまい申し訳ない気持ちがあります…

交際相手が居たことはありますが、現在進行形な話ではなく、過去形な話なのはこうゆう理由です

20代の頃に上記で書いた人とは別の人と交際したことはありますが私の精神異常が嫌になり別れ話をされたケースはあり、その時も破局しております

元々交際相手が居る期間や人数は世の中の平均よりは少ないとは思います、これからは交際相手が出来る確率は更に低いでしょう

消滅した人以降、私は交際相手が居ないです

もう3年交際相手は居ません


f:id:genkai35sai:20201103023945j:image

理解者である交際相手も突然消滅、そこからどんどん加齢して容姿も中身も劣化していく、精神疾患も完治は無理、この先交際相手が出来ない運命を変えるのは難しいね

 

難易度が高い業務内容・職場の人間関係・交際相手の消滅だけでなく、その他にも破綻している事柄が複数ありました

いろんな事柄が破綻している状態だったこの頃にトドメとなる出来事が起こります

次回の人生記録カテゴリー記事はトドメとなる出来事について書きたいと思います…