35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

世界の人口から見る日本

世界の人口ランキング(100万人単位区切り)

10位 メキシコ 1億2700万人

9位 ロシア 1億4500万人 
8位 バングラデシュ 1億6100万人
7位 ナイジェリア 1億9500万人
6位 ブラジル 2億900万人 
5位 パキスタン 2億1200万人 
4位 インドネシア 2億6700万人
3位 アメリカ 3億2700万人
2位 インド 13億5200万人

1位 中華人民共和国 14億3300万人

 

10位から順に世界の人口ランキングを並べました

日本は11位です(1億2600万人)

 

日本を含めて11位から1位まで並べてみると人に寄って様々だと思いますが何か感じることがあるかと思われます

私個人的に感じることや思ったことをお話いたしますと

 


f:id:genkai35sai:20200517004806j:image

貧富の格差がすごくある国ばかりじゃない?

 

もちろん私がランキングの国の事情に詳しいわけでは無いですが…

アメリカ見ると富裕層とスラム街で住んでる人の差はすごくて、日本よりも格差社会

すごく大富豪が住んでる閑静な住宅街がある

一方ではデトロイトの廃虚みたいな住宅街とか、都市の郊外にあるスラム街の貧困

 

中華人民共和国やロシアも格差社会ですよね

中華人民共和国はまず都市部と農村部で戸籍が違う、所得や社会保障に違いがかなりあります

都市部に住んでいる人も蟻族と呼ばれる低賃金で働き地下にある粗悪な住居で暮らしてる人もいる、一方で富豪も都市部で住んでいます

ロシアは上位100人の富豪がロシアの資産30%以上を占めております、モスクワやサンクトペテルブルクの都市部でも格差は結構ありますがそれ以外の地域では2万米ドル(1米ドル110円換算でも220万円)以下の世帯が90%以上で貧しいです

 

インドはカースト制の影響は現在でもあり貧しい世帯はずっと貧しいですし、タタグループみたいな富豪はずっと富豪です

貧しい世帯の方が圧倒的に多い

 

この記事で何が言いたいかというと

 

人口が多いからみんな幸せになるって訳ではない

 

これを伝えたいから書いてます

よく人口が少ないと貧しい国になるので、少子化になると人口が減るから人口を増やそうって言う日本人がすごく多いように私は思うんですが

 

人口が多いとみんな幸せで金持ちな国になりますか?

ランキング上位の国は格差がありすぎて一部の富裕層以外貧しい国ばかりですよね

団塊世代団塊ジュニア世代の居る人口の多い状態な現時点の日本ってみんな幸せでお金持ちですか?

 

格差がありすぎですよね

 

日本より面積あるのに人口が少ない国は貧困国しかないなら人口が多ければ国が富む理論は成立するかもしれませんが

フランスは日本より人口は少ない(約6500万人)ですが面積は日本よりも広いです(フランスが643,800km²、日本は377,900km²)

フランスが貧困国だと私は思えません

面積が広く人口が少ない国でも先進国として運営できる国家があるんですよね

 

子供を増やしたら経済が良くなるとか、それはおかしな理論だと私は思ってます

人口を無理矢理増やすのを止めて、今の高齢者が居なくなる年代まで国債発行などでやりくりして

適正な人口で経済再建した方が私は良いし、人口が多くないと一人一人が大切にされる社会になりやすいというのが私の持論です

 

人口が多いから受験や就職や就職後の就労で無理矢理競争させられるんです

人口が多いと競争についていけなかった人は悲惨な人生になってしまいます

人口を減らして、人口少ないから無理矢理な競争は少なくなったり無くなったりして、みんなの幸せが増えるんじゃないかなと思います