35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

東証一部上場企業に入社した話

前回の人生記録記事で内定出て

東証一部上場企業から内定出た後の話(その2) - 35歳限界説な男の人生記録

いろんな人のアドバイスを受けて自分でも考えた結果内定を辞退せず書類にサインして入社することにしました

 

入社日に会社に行き、入社する人が部屋に通されます

同じ部屋に同じく内定したナイツ塙に似た人もいて内定者二人とも入社することになりました

初日は持参した入社にサインした書類を担当の人渡してから、制服合わせをして

その後3日間は安全講習や就業規則の説明がありました


f:id:genkai35sai:20200917043520j:image

就業規則を見てると今まで働いてた企業にはない説明でして

  • 試用期間(3ヶ月)が終わったら有給休暇が付与される
  • 時間外勤務・夜勤勤務・休日出勤が25%増しではなく、明確な数字は書かないですが25%よりも多いパーセンテージ
  • 休日は会社カレンダーに準ずる(渡された会社カレンダーが年間休日120日)

他にもいろいろ書いてあり、その企業独自の制度もあるので詳細は書けませんが

 

書かれていることを読むといい意味でビックリしてしまう規程が多い…!!

 

塙さんと昼休憩時に話をしてたのですが

塙「この会社の条件や就業規則がすごいね、なかなか無いよ、入社して良かった!」

私「まだ入社したばかりなので、どこまでが本当なのかわからないですが、文章化されてても実態は違う、有名無実なパターンかもしれませんよ、そうゆう企業ありますからね…」

 

私はこの時点では半信半疑でした、今まで東証一部上場企業の正社員で働いた経験が無いので実態を見るまで信じれなかったです

3日間の安全講習+就業規則説明が終わり、現場に入ることになります

次回の人生記録カテゴリー記事で続きを書きたいと思いますが

 

【現職のことを書いていくについての前置き】

これからの人生記録カテゴリー記事で現職のことについて書いていきます

まだ在籍してる為、今までの人生記録カテゴリー記事よりも多めのフェイクは入れていきますので実情とは少し異なる記事の書き方にはなってしまいます

ですけども、大筋の話はあまり実情とは乖離しないように書いていきます

これからもブログ記事書いていきますので読者さんよろしくお願いいたします