35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

苦しくて不思議な夢の話

この記事は2020年4月11日の朝

今起床して呼吸が落ち着いてきてるところで書いてます

起床時は呼吸が落ち着かず涙がだらだらと垂れ流してました

 

怖くて不思議な夢

蒲鉾作りしてる臼で私は蒲鉾作りを作っていたが事故で薬指を亡くしてしまう

入院が何故か大きな豪華客船での入院

 

豪華客船での入院してると顔に見覚えがあるけど学生服を着ていて若い姿の女の子を見つける

その見覚えある女の子は学生姿で若いが私は36歳のおじさんのまま

 

女の子は歌を歌って、歌い終わると私に向かってにっこりと笑う

私が見とれていると光が差して女の子が風のように消えていく

 

風が私に向かって吹き抜けていくと

私は泣いてしまって

苦しくなって

起床して現実でも泣いてしまって、呼吸が苦しくて

呼吸が落ち着いて30分くらい経って、苦しくて不思議な夢をせっかくだからブログ記事に書いてみようと思った

 

薬指を亡くしてしまう

見覚えある若い姿の女の子、私を置いて消えていった

私は36歳の老いた姿、このまま更に老いてしまう

この辺りの部分が苦しかったのかな


f:id:genkai35sai:20200412121716j:image

たまに泣いて起床してしまうことがあります

Google検索して理由を探すと

泣きながら夢を見る人は強いストレスを抱えています

という説明が書かれたページがたくさん出てきました…

このページを見た読者の人も夢を見て起床したら涙が垂れ流れてた人って居ますか?

36歳のおじさんな私でもこんな感じで涙を垂れ流して起床しますよ