35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

不憫な子供の夢

夢を見ました、起床してすぐ記事を書いてます

 

私は夢の中で小学校低学年くらいになってました
若き両親が居て、どこか行く準備をしてました
両親が顔を合わせると二人とも不機嫌です
何か険悪な話を交わしてるなと思いながら、ミルクアイスキャンディーを食べながら待つ私

 

時間が経つと母が私の元に来ます
「あんなやつはほっといて(放置して)外出準備しなさい」と言います
気分が荒れてる父がこちらに来ます
「ゴミ捨てと戸締まりどうするんだ!!」と怒鳴ってます

私はゴミのペッドボトルが入った袋を渡され、ゴミ捨て場に行きますがゴミ捨て禁止になってました


f:id:genkai35sai:20200515062146j:image

小学校低学年の私は泣きました
泣きながらも袋持ち帰ると
まだ言い合いしてる不機嫌な両親

「あいつに言われたペッドボトルのゴミ捨てはもういい!」って母に言われ、袋を渡すと母が家に袋を入れました
母は私に父の嫌な部分の愚痴をグチグチと言います
母がずっと父の愚痴を私に言いながらの外出、楽しい気持ちは起こりません

 

数時間経過して家に戻ると家にいた父が怒って家の中の物を壊してた様子でした
「限、今戻ってきたんか!」
と怒ったような言葉を浴びせかけられ父は自分の部屋に戻っていきました

立ち尽くしながら行き場の無い気持ちになる小学生の私
小学校低学年の男の子がどこか外出をして帰るって本来楽しいはずのことなのに
すごくブルーな気持ち、楽しさのかけらも無い時間

意識が飛んでって、外で見ていた36歳の私に意識が移り
「あの子が不憫だな…」と思った瞬間
そこで目が覚めました

 

実際の話
顔を合わせれば険悪になるから、基本個人個人で行動していた両親、そして子供も歳を重ていくと個人行動になりました
夢の中の話がこれに近い現実のエピソードがたくさんありましたね

小学校低学年の私のときの父は今の私くらいの年齢(母は父より若い)
36歳の私から見ても正直子を持つ親としては不適格な二人だし、子育てどころか結婚生活も不適格な人たちだったなと思う
歳をとった私だからこそ、(当時)36歳くらいの彼が親として既婚者として相応しくないかわかります

そして小学校低学年くらい幼少であると親の険悪な雰囲気とか振り回されたりとかに巻き込まれてしまい、子供は嫌な気持ちになりながら育ちます
歳をある程度とるまで親の行動や言動を避けれません

 

「こんな可哀相な育て方するくらいなら子供作らない方がいいよ!」

 

って今の私が当時の彼らに言いたくなる夢を見て、この記事を走り書きしてます
子供を無計画で作り、ずさんな育て方をする人が世の中には存在するのでこうゆう家庭が減るのを切に願う次第であります