35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

精神異常なフリーターの求職活動(その3)

27歳の精神異常なフリーターが求職活動する記事を連日更新してきました

求職活動は9ヶ月以上やってきました

活動期間途中で交際相手と破局したりしましたし、歳も1つとりましたし、精神異常がひどくなる時期もありました、それでも求職活動を辞めなかった…

製造業に絞って何社応募したかわからないくらい応募して、たくさん書類選考の時点で不採用でした

面接まで進んだのは13社

 

どうゆう経緯で採用になり、内定辞退せず入社したかを書きます

鋳造(すごく簡単に説明しますと鉄を溶かして形を作り、製品にしていく仕事)をしている企業の面接に行きました

その企業の工場長と圧迫面接とかではない普通の面接をして、1週間後に不採用の通知が来ました

普通はここで終わります

 

その後ハローワークに行き検索機で見てみると

上に書いた不採用になった企業の求人票が出てました

当時の私はそれは何故か考えてみました

おそらく内定辞退した人がいて再度求人出したのではないかなと推測しました

再度応募してみました

推測とは違うなら書類選考で落ちるし、推測が当たってるなら面接まで再度行くだろうと、そして内定出る可能性はあるだろう

 

面接通知が来ました

推測が当たってるかもと思って面接に臨みました

前回とは違い、面接官が専務でした

面接して話を聞いていると、私の推測は的中しておりました

専務「内定辞退しない人で半月後に入社できる人探してる、君は内定辞退しないなら内定出すけどどうや?やれるか?」

結構強引な人で、提示された条件は悪かったですが今まで内定辞退した企業よりはまだマシそうだったので決めました、現時点でのスペックでこれ以上は望めないし、この条件ですら内定辞退の隙間だから内定出たのでこれ辞退したら更に条件悪いところしか内定出ないかなと思ったので

フリーターからの求職活動は長くて困難でしたが、これで完結になります


f:id:genkai35sai:20200224100756j:image

 

この企業に正社員雇用で半月後入社しました

ここからも苦難な道程があります

悪い意味で普通の人では体験しないことも起こってしまいます

この話の続きはまた今度書いてみたいと思います