35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

環境問題を解決する最適解を解説します!

日本人さんがやりがちな

  • レジ袋有料化
  • プラスチック製スプーンやストローを無くしたり有料化
  • 水素自動車、EV自動車の普及
  • 脱炭素税をかける
  • 太陽光パネルを作る

これが環境問題の解決になるって思いながらやっている・これからやろうとしてる事だそうです

 

こんな小手先な事で解決すると思っている日本人さんたちを、私は陰ながら哀れな連中だなと思って眺めてます

 

根本的な解決出来ないからね

ちゃんとした根本的な解決方法あるのにね

 


f:id:genkai35sai:20211018161407j:image

「お前、高偏差値理系大学卒でもないのに何ほざいてるの?」

ってここまで読んだ読者さんはこう言いそう

 

 

偏差値40以下の高卒な私ですが

確実な環境問題の解決方法を提示します!

 

その解決方法とは…

 

子供を増やさない!

人口を増やさない!

 

これが私の案でございます

 


f:id:genkai35sai:20211025221756j:image

「意味がわからん、子供や人口に何が関係あるんだ」

って思ってしまう読者さんもいるかと思いますが

 

 

エネルギー資源や人工の化学物質を使用して大気・土壌・水質汚染をさせてる者は誰か

野生の動物はやらないのです

人間がやってます

 

人間をどんどん増やそうとする行為が環境問題の元凶

これを断言出来ます!

 

日本は1億人以上人口居るので人口が過多なんですよ

人口が多いと地下資源の消費量も多い

ゴミはたくさん出るし、大気や土壌や水質汚染も多くなる

人口が少なければ少ない程、地下資源の消費量・ゴミの排出量・大気や水質の汚染物資排出量も減ります

 

めちゃくちゃ単純で一番環境問題を解決する方法

 

子供を増やさない!

人口を増やさない!

 

とても大事なことなので二度言いました

これを一番先にやるべき事なんです

少子化傾向なのは環境問題解決策として良いこと

少子化対策とかで子供増やそうとする事が環境破壊を推進してることになります

 

日本人さんがやりがちな

 

レジ袋有料化

プラスチック製スプーンやストローを無くしたり有料化

水素自動車、EV自動車の普及

脱炭素税をかける

太陽光パネルを作る

↑これは小手先な事で、課税強化の為の建前や企業が儲ける為の建前優先の話ばかり

 

「人口を減らす」を最優先にやらずに課税や企業の為の小手先ばかり優先するのは私には理解できません


f:id:genkai35sai:20220904155807j:image

自民党の元環境大臣である小泉進次郎

レジ袋有料化を推し進め実現させた人間です

環境問題を推し進めた彼ですが

 

小泉進次郎氏には子供が居るのです

 

↑私35歳限界説の男からしたら

「レジ袋よりも環境に悪い、人口増してる人間がどの面下げて環境問題を推し進めることを言ってるんだ!矛盾行為してる害悪議員は今すぐ国会議員辞めろ!!」

って思ってます

 

子供作るくせに環境問題を口にする頭が悪い人間が小泉進次郎に限らずたくさん居ます

まず大前提として子供を作らないという行動を実行する者が環境問題を口に出来る資格があるんですよ

子供作る奴が環境問題なんて口にするな!

 

環境問題を口にする人間は

課税強化の為の建前や企業が儲ける為の建前優先の話ばかりなんですよ、子供作る矛盾行為する人間ばかりだからね

炎上してもいいから私は強くこれを伝えたかったからこのブログ記事を書かせてもらった

環境問題を口にする前に日本人さんが日本の出生数を少数精鋭にする事を実行するのを大前提にして欲しいと思ってます