35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

無愛想おじさんが多い理由

中年おじさんの私、35歳限界説の男です



f:id:genkai35sai:20220607160324j:image

読者さんは中高年男性、無愛想おじさんが多いと思いませんか?

第一印象

素っ気ないとか、カリカリしてそうな様子

今日はこれについて少し考察したい

 

中高年男性にも若い時はあったのです

無愛想おじさんが最初から無愛想であったとは私は思えない

 

【無愛想おじさんへの変化】

10代や20代前半の男性とアラサー以上の男性

どちらが愛想が良い男性が多いかというと10代や20代前半の方が多い印象ありますね

最初から無愛想であったわけでなく無愛想に変化して中高年男性になった

その経緯を私の推測で書いていきたい

 

10代は学校の体育会系部活だと礼儀作法厳しいし、先輩への対応や愛想も要るでしょう

20代は体育会系部活経験者以外も会社に入社すると先輩への対応や愛想も要るし、礼儀作法厳しいとまで言わなくても「おはようございます」「失礼します」「お疲れ様です」の挨拶は徹底される

15歳学生からアラサーの中堅社員になるまでの10〜15年ずっとやるから

若い時自分がしてきた分、歳を重ねると逆に挨拶や愛想を受ける側になって当たり前という思考になる日本人男性さんが多いのではないだろうか

 

それと日本人女性さんは若い時からはもちろんのこと歳を重ねても基本的には大切に扱われる

結婚した配偶者の姑さんとか小姑さんみたいな相手から強く当たられるとかの例外なケースはありますが、基本的には配慮されたり大切にされるのです

日本人男性さんの場合は若い男性には「若いから下積みだと思って苦労しろ」、中年男性には「いい歳してるんだからやれて当然だろ」って感じで年齢変化しても違う理由を取ってつけられて圧力がかかります

 

長年の積み重ねによって日本人男性さんの気持ちが荒んできたり、我慢をすることを辞めるので

年齢を重ねると段々無愛想になる人が多くなるというのが私の考察になります

 

【日本人男性はしんどい】

ずっと負担や圧力ばかりの人生罰ゲームなのが日本人男性さんなので、社会構造が日本人男性に優しくならない限りは解決しません

しかしこの社会構造を変えようという世論はほとんど無いのです

無愛想なおじさん、はたまた極端な場合は他人に加害を加えるのを躊躇わないおじさんが減ることは日本では無いだろうと考えます

 

日本人男性さんに優しい社会構造にしよう以外で

解決策としては

  • 産み分けの医療技術を更に発展させて日本で男性の新生児を産まないようにする、女性の新生児を大半にする、女性が大半な人口構造にする
  • 日本人男性さんが海外移住しやすい制度にする

比較的柔らかい解決方法はこの2点かなと思う

日本人男性を日本国内に増やさないが辛い日本人男性生活からの開放する方法であることを私は提唱したい

日本人男性さんを日本で負担や圧力を緩和しようという施策が出ないので、こうゆう解決策にしかならないなと