35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

フィリピンの勇気ある外交

私が最近気になったニュースは

フィリピンのドゥテルテ大統領が米軍のフィリピンでの軍事演習などを決めた「訪問米軍地位協定(VFA)」の一方的な破棄を2月11日に米国に通告した。協定は通告後180日を経過すると自動的に無効となる。

フィリピンがアメリカとの地位協定を破棄することです

かなり勇気がいる決断だったと思います

・フィリピン内でアメリカ兵の犯した犯罪をフィリピン側に裁判権が無い

・フィリピンの内政をアメリカから干渉されている

などの理由で破棄したように思われます

 

理由はあれど破棄してしまうと

核兵器が無い国家ですので戦力面も核保有国と単独で戦うとなるとかなり厳しい状況になりますし、軍事費も自国で更に増やさないといけなくなります

なおかつ国民もそれを理解して有事の際は徴兵がある際は愛国心を持って徴兵に応じたり、軍に協力するような行動(軍需産業に進んで就労するとか、国家緊急権な発令をされたらそれに従うなど)をしなければならなくなる

勇気がいる決断だったと思います

 

Twitter上で「日本もアメリカとの安保を破棄しよう」とツイートなされている人も見かけます

それはその人の信条や思想があってのことで私は否定はしません

日本がアメリカの衛生国に似たような役割を担わされている現状を嫌悪されてる人がいるのは理解できますし

内政干渉される・アメリカの戦争に加担させられる・日本の鉄鋼などに高い関税に引き上げられた

私もアメリカの理不尽なことを日本に要求していることは良く思っていません

 

しかし日本で日米安保破棄をするのは現状は出来ないのを私個人が感じる部分があるのです

今も防衛費は高いですが、更に防衛費を増やすことに日米安保破棄するからといっても賛成する人が今より増えると思えません

日本は現状核兵器保有国ではないですし、非核三原則を掲げてる国です、これも破棄をするとは考えられない、なので単独で交戦しても核兵器を大量に保有してる国と戦うのはかなり難しい

有事の際に徴兵に応じる人が多いとは思えない

軍需産業に割くにも、既に老齢化した人が多く資金も潤沢ではない日本では難しい

日本が国家緊急権をやろうものなら、第二次世界大戦中の日本がどんな人権無視なことをしていたかを振り返るとどんな悲惨なことになるか

なにより、現在の日本で愛国心がある人が多いとは思えない

 

したがって日米安保を破棄するという選択肢は現実的な選択ではないと個人的に思います

私は親アメリカ思想でも嫌アメリカ思想でも無く、その部分では偏った思想ではないと思ってますが個人的にこうゆう考えをしてます

 

私が日本で悲惨な人生を過ごしたので愛国心は全く無いので思想がその部分では偏った思想かもしれません

私は日本の徴兵に応じるくらいなら人生おしまいにする方がマシ、現状でもあまり人権が無いような環境なので国家緊急権を出されても応じないと思います

愛国心が無く日本社会に虐げられてる私ですのでその部分は偏った思想である

しかしフィリピンと日本ではアメリカへの対応の違いは理解できます