35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

年齢を顧みずフルーチェを作るおじさん

私は1983年生まれの中年おじさんブロガーです

 

私はめっちゃ甘い物好きでして


f:id:genkai35sai:20220309212732j:image

フルーチェ(ピーチ味)を作って食べました

ボウルにフルーチェの素を入れて、牛乳200mlを入れ混ぜる

そして冷蔵庫で30分程冷やす

 

 

中年おじさんですが、たまにフルーチェが食べたいと思い立ちますw

 


f:id:genkai35sai:20220309213328j:image

ボウルの中にあるフルーチェは1時間以内に完食です

 

1人で1時間以内に食べきった

 

本来は複数人で分けて食べるものだとは思うけどねw

 

フルーチェを作って食べる話を他人にすると


f:id:genkai35sai:20220309213919j:image

友人「オッサンがウキウキしながらフルーチェ作って食べてて草」

 

世話人「相変わらずそうゆうの好きだねぇ…w」

 

年甲斐もないっていう反応がめっちゃ来るんです

 

35歳限界説の男「フルーチェ中毒、いいね~」

 

とか

 

35歳限界説の男「フルーチェを腹に入れる文化、あるんです!」

 

とか自分なりに柔らかくおもろく相手に返答するまでがワンセットで楽しんでもらう

そうゆう時に友人・知人から年齢について指摘されながら談笑とかは楽しくやりとりできる

 

 

年齢について指摘されるのは笑い話や楽しい時ってことは少なくて


f:id:genkai35sai:20220313184619j:image

上司「お前、この業務任せたのに出来て無いだろうが!

お前は30歳過ぎても今年新卒の子以下の能力とかなめてるのか!」

って感じで叱責内容に年齢をなじられることも織り混ぜられることある

 

仕事でも年齢をなじられるのはキツイことですが

仕事じゃなくても嫌な年齢をなじられ方をする場合がある

仕事じゃない場合は更に理解しがたい

 

冠婚葬祭というか葬式・法事に私も呼ばれる場合があります

親族・親戚と顔合わしますよね

 

親「お前、そんな髪型して何歳なんだ、そんな格好して年齢考えろよ」

 

かなりイラッとします、でも親戚の前なんでグッと堪えます

 

親戚「限界説くん、大きくなったんだね、30代くらいだよね結婚したり子供とかもう居るかな?」

 

私「いや〜、交際してる人が居ないので、ぼちぼち独り身やってますよ」

って

(結婚はまだしも、子供って自分のように作りたがらない主義の人も居るのにな)

なんて内心思って、これも嫌なんですが

 

親「責任感もないまだ大人になりきれない奴なのに結婚や子供なんて無理無理w」

親戚と私の間に割り込む親の合いの手がとてもひどい

 

  • 家族全員が無職でも人生を全う出来るくらい潤沢な資産が用意出来ている
  • 子育てをまともにする、それプラス子育てに専門的なサポート出来る人も雇える用意ができる
  • 性格や人格が世の中の手本になるくらいな模範的なものである
  • 持病や病になりえる要因の遺伝子を持ってない
  • 知能や筋力などの能力値が高い
  • 容姿端麗である
  • 環境が正常である

↑これらのうち1つさえも満たしていない親面したゴミクズに言われたくない

ゴミクズは子供産んだらいっちょ前に大人面する

 

だったらゴミクズから産まれた違うベクトルでゴミクズな私はこのまま子供作らず子供のままでいい

 

年齢はどんどん加齢致しますがウキウキしながらフルーチェを作って1人お部屋で大量に食べて、子供っぽいジジイのまま暮らしていきますw

ちなみに何歳になっても仕事の能力は上がりませんし子供を作らないは変わらないと思う