35歳限界説な男の人生記録

うつ病と能力不足によって仕事を休職して、傷病手当による生活をしてる私の人生記録

令和の時代に駄菓子屋さん

私は昭和58年産まれの36歳です

昭和や平成初期にたくさんあった駄菓子屋さんも時代の移り変わりとともに閉店や廃業する店舗さん多くなりましたね…

 

そんな令和の時代にある駄菓子屋さん

名古屋市昭和区にある、駄菓子屋たくたくさんに行って来ました


f:id:genkai35sai:20200511221659j:image

 


f:id:genkai35sai:20200511221715j:image

大きな看板があり目立ってました


f:id:genkai35sai:20200512231531j:image

ブログやTwitterをやっていらっしゃるようです、ネット発信されてるところが令和の駄菓子屋って感じがしますね!

 

店内に入ると
f:id:genkai35sai:20200511221906j:image

 


f:id:genkai35sai:20200511221920j:image

駄菓子がずらりと並んでいて童心に帰るようにワクワクしてしまいますね

 


f:id:genkai35sai:20200511222029j:image

マルカワのフーセンガムもたくさんあって、駄菓子屋さんに来た感がありますね

 


f:id:genkai35sai:20200511222158j:image

カゴに懐かしそうな駄菓子をどんどん入れます!

 


f:id:genkai35sai:20200511224012j:image

瓶のペプシや烏龍茶入ってますね

チェリオはこの日無かったみたいですが、普段は入ってるんですね、瓶のチェリオとか昔の駄菓子屋感ありますよね

駄菓子屋たくたくさんは昔の駄菓子屋さん的な雰囲気も残しつつ、綺麗な内装で令和時代の駄菓子屋さんを感じました

 

昔の駄菓子屋さんは雑多に商品が並んでたり、お好み焼屋さんとかと併設されてるタイプの店だと年季の入ったソースや油の匂いがある店だったりしてましたね

 

昔懐かしいタイプの駄菓子を購入したので、36歳のおじさんが食べるの20年以上ぶりかもな食レポをします!

 

まずはフルーツの森
f:id:genkai35sai:20200512180613j:image

これ懐かしいですよね

 

共親製菓 フルーツの森 20g ×24個

共親製菓 フルーツの森 20g ×24個

  • メディア: 食品&飲料
 

 

 


f:id:genkai35sai:20200512180704j:image

入ってる爪楊枝で刺して食べます

 


f:id:genkai35sai:20200512180759j:image

容器はモナカ生地で容器ごと食べれます

 

餅状のお菓子は外面は固めで中がもちもちした食感
香料の香りと控え目な甘さ、くどい味ではなく食べやすいです
赤いものは缶詰めのサクランボのような香りがします
モナカはバリバリっていう感じではなく噛むとパリとしたりグニャリとしたりが半々な食感、アイスモナカのモナカ部分に似てます

 

お次の懐かしい駄菓子

串カステラ
f:id:genkai35sai:20200512225236j:image

 


f:id:genkai35sai:20200512230545j:image

カステラの外面には砂糖がまぶしてあるので袋から取り出す際まぶしてある砂糖が散らばるので注意して取り出した方がいいです
味は鈴カステラに似ています、鈴カステラよりも水分はないです
水分が無い、食べやすいカステラ串

 

もっと懐かしい駄菓子

ココアシガレット


f:id:genkai35sai:20200512230718j:image

 

ココアシガレット(6本×10箱入り)

ココアシガレット(6本×10箱入り)

  • メディア: 食品&飲料
 

 

中身は6本入り

f:id:genkai35sai:20200512230834j:image

 


f:id:genkai35sai:20200512231128j:image

子供が大人っぽい仕種を真似るアイテムのような駄菓子

匂いはココアっぽい匂いがします
バリバリな歯触りで結構固い、ヨーグレットくらいの食感
味はココア味は抑えめで、ハッカっぽいスースーする清涼感ある味わいがします

 

駄菓子屋さんや駄菓子を食べると童心に返るノスタルジーな気分になりますね

今日は昭和生まれや平成初期生まれの読者さんにも懐かしい雰囲気伝わるといいなと思う記事を書きました