35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

初詣スポットを紹介してみます

初詣どこにしようかな?って考えていらっしゃる人もいると思いますので、初詣スポットを記事にしてみました

名古屋市内の歴史ある神社を2ヶ所を紹介いたします

 

名古屋市中村区にある豊国神社

地下鉄中村公園駅から徒歩15分くらいにある神社です


f:id:genkai35sai:20191221230504j:image

豊国神社の入口には鳥居があります

ここから入ります


f:id:genkai35sai:20191222002514j:image

橋のようなところを真っ直ぐ進み


f:id:genkai35sai:20191222002635j:image

拝殿にやって参りました


f:id:genkai35sai:20191222003042j:image

太閤、豊臣秀吉が祀られていらっしゃるのは、豊臣秀吉公が尾張国中村が生誕の地である

その為、この地に豊臣秀吉公を豊国大明神として祀る神社が明治18年(1885年)に創建されました

また、加藤清正公もこの地が生誕の地であり豊臣秀吉公と一緒に加藤清正公も祀る神社となっております

豊臣秀吉公・加藤清正公の功績や地元の人に尊敬の念があるので、この神社は特別な地であることが私も理解できます

晦日や正月三が日に参拝される人はたくさん居て、私も参拝したことがあります


f:id:genkai35sai:20191222004704j:image

厄年がわかりやすく掲示されたものもありました

 

名古屋市内で最も参拝者の多い神社は熱田神宮ではないでしょうか

熱田神宮は創建が西暦646年とかなり昔からある神社ですし、三種の神器の1つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社なので特別な神社という扱いの神社であります

熱田神宮名鉄神宮前駅や地下鉄伝馬町駅が最寄駅です

晦日の夜はたくさんの人が集まります

夜の熱田神宮を紹介致します

熱田神宮は敷地が広いです


f:id:genkai35sai:20191222005255j:image

この鳥居がある場所から入ります


f:id:genkai35sai:20191222005407j:image

入口の鳥居の斜め前の自販機横に灰皿があり、喫煙所はここになります


f:id:genkai35sai:20191222005606j:image

入口の鳥居を進むとこのような通路になっております、大晦日・正月三が日は屋台が並んでたりするのでもっと明るい場所になってます

突き当たりまで行き、右折します


f:id:genkai35sai:20191222005836j:image

右折すると二番目の鳥居が見えます


f:id:genkai35sai:20191222005907j:image

その鳥居の左側に手水舎があります


f:id:genkai35sai:20191222010054j:image

右側には細い通路があり、進むと熱田神宮宝物館があります


f:id:genkai35sai:20191222010143j:image

宝物館の横にトイレがあります

しかし大晦日・正月三が日は混み合うと思われますので、神社に入る前にトイレを済ませておいた方が望ましいです

事前にトイレするのを忘れていたり、我慢が難しい人は並ぶの覚悟でこのトイレを使用ですね


f:id:genkai35sai:20191222010511j:image

二番目の鳥居を真っ直ぐ進むともう1つ鳥居があり、これを進むと拝殿に到着します


f:id:genkai35sai:20191222010608j:image

夜の拝殿です、毎年混み合います


f:id:genkai35sai:20191222010646j:image

拝殿の横に絵馬を掛ける場所がありました

星形の絵馬もある所が時代を感じます

 

今回の記事は有名な初詣スポットを記事にしました

役立つ記事もたまには記事にしたく書きました