35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

2020年、東山動植物園に行ってみた

 

桜の名所、鶴舞公園の記事を書きましたが同じ日に東山動植物園にも行って来ました

名古屋市営地下鉄東山公園駅の近くにあります


f:id:genkai35sai:20200404224441j:image

 


f:id:genkai35sai:20200404224638j:image

入場料は大人500円ですが


f:id:genkai35sai:20200404224729j:image

私は精神障害者保健福祉手帳があるので無料で入場しました

 

東山動植物園の窓口には


f:id:genkai35sai:20200404224539j:image

このような掲示物があり

屋内施設の大半が閉鎖です

コロナウィルス対策ですね、ちゃんと配慮されてます


f:id:genkai35sai:20200405040708j:image

入口入って、最初に見つけたマップです

敷地面積がかなり広いです

 

鳥ゾーンがすぐあります
f:id:genkai35sai:20200405122153j:image

ワライカセミが澄ました顔をして出迎えてくれました

他にも鳥類は居ます

 

猿ゾーンに移ると


f:id:genkai35sai:20200405122528j:image

 


f:id:genkai35sai:20200405122608j:image

ワオキツネザルが陽のあたる場所でゆっくりくつろいでいます

 

東山動植物園一押しのゴリラゾーンへ


f:id:genkai35sai:20200405123050j:image

時間が悪かったのか屋外スペースには居なかったです

 

ネコ科ゾーンへ突入!


f:id:genkai35sai:20200405123304j:image

 


f:id:genkai35sai:20200405123343j:image

 


f:id:genkai35sai:20200405123405j:image

 


f:id:genkai35sai:20200405123441j:image

 

かわいらしいサーバルの檻の前で私は30分くらい立ち止まってしまいました

私はどうしてもネコっぽい生物を見るのが好きな様です、入園したのが遅い時間なので閉園時間までそんなに余裕が無いのに


f:id:genkai35sai:20200407033319j:image

 

サーバルだけではなくマヌルネコの檻や

 


f:id:genkai35sai:20200407033603j:image

ユキヒョウの檻などネコ科動物ゾーンは見たくなりますね

 

別のスペースにトラが居ましたが


f:id:genkai35sai:20200407033901j:image


f:id:genkai35sai:20200407033951j:image

トラに噛みつかれたらこうなる…

ネコ科動物のパワーもわかりやすい展示がありました

 

見るのがネコ科ゾーンで終わりではなくて

まだまだ園内を進みます

f:id:genkai35sai:20200407034505j:image


f:id:genkai35sai:20200407034542j:image

 


f:id:genkai35sai:20200407034608j:image

子供のキリンが歩いたり草食ったりが見てて癒されます

のんびりとしたキリンの動きを見とれてしまいました

 


f:id:genkai35sai:20200407035125j:image

 


f:id:genkai35sai:20200407035143j:image

コアラは動かなくて、もっとのんびりとしてます

全国の動物園でコアラを展示してるところは少数なので見る価値ありますよ!


f:id:genkai35sai:20200407041127j:image

 

シカの食事タイム


f:id:genkai35sai:20200407041208j:image

シカの食事を横取りするハイエナみたいなハトも集まってましたw

 


f:id:genkai35sai:20200407035536j:image

出口行く途中でアジアゾウも見てきました

ゾウの肌が人間の高齢者みたいな肌っぽい外見してますね

 

東山動植物園は他にもたくさん動物が居ます

時間の都合上全部はまわれなかったですが楽しかったですし

全部まわれなかったので傷病手当期間終わる前にまた行きたいなと思いました