35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

下調べしずに伏見稲荷大社を散策

f:id:genkai35sai:20200102203705j:image

18きっぷで正月三が日、京都の伏見稲荷大社に行ってみました


f:id:genkai35sai:20200102203515j:image

参道は人でぎっしり

参拝する人々がたくさん


f:id:genkai35sai:20200102203731j:image

正殿に到着しましたが

私の目的は千本鳥居を踏破してみたい

これを目的にやって来ました


f:id:genkai35sai:20200102204033j:image

正殿の敷地よりもより奥へ、千本鳥居の入口に向かいます


f:id:genkai35sai:20200102204209j:image

中に入ります


f:id:genkai35sai:20200102204329j:image

あれっ、思ったよりも長いぞ…

f:id:genkai35sai:20200102204308j:image

また鳥居がある道が出てきた…

私は全く下調べしていません

千本鳥居の全長を

 


f:id:genkai35sai:20200102204616j:image

平面じゃなく登り道になってきた…


f:id:genkai35sai:20200102204711j:image

稲荷山に続いて行きます

えっ、山!?

だから登りなのか…


f:id:genkai35sai:20200103220143j:image


f:id:genkai35sai:20200103220207j:image

登りの途中で蝋燭がたくさん灯された社が出現しました

神秘的な雰囲気です


f:id:genkai35sai:20200103220406j:image

登りきれそう、開けた場所から下を撮影しております

f:id:genkai35sai:20200103220529j:image

ここが頂上ですよね…?


f:id:genkai35sai:20200103220603j:image

えっ…

f:id:genkai35sai:20200103220651j:image

あっ(察し

 

下調べしてない私は伏見稲荷大社を舐めていた存在であった

現在地は四ツ辻で、山頂はまだまだ先…

伏見稲荷大社の本当の力を味わうがいい(絶望感


f:id:genkai35sai:20200103221006j:image

よいしょ…、よいしょ…

最初の方のようなたくさんの鳥居があることの風情を感じる余裕もなく登ります


f:id:genkai35sai:20200103222016j:image

ずっと登り、ひたすら登りです


f:id:genkai35sai:20200103222118j:image

ところどころ神秘的な場所があるところが、一般的な敷地とは違う


f:id:genkai35sai:20200103222241j:image

今度こそ頂上はもう少し、狛犬ではなく狐なのが稲荷大社ですよね

 


f:id:genkai35sai:20200103222412j:image

やっと山頂に到着

休職している身体が鈍りきったおじさんの脚はガクガクです


f:id:genkai35sai:20200103222613j:image


f:id:genkai35sai:20200103222626j:image

山頂の社にて大行列を並び、参拝してまいりました

大行列の人たちもこの地を自分自身の足で踏破してきた人です


f:id:genkai35sai:20200103222759j:image

下山します

鳥居には鳥居を奉納された人物又は企業名が記してありますね

ヤマモリって釜飯の素を販売してる企業だったと思います




f:id:genkai35sai:20200103223253j:image

この後京都市内で買い物をして、また在来線を乗り継ぎ帰路につきました

かなりの道程や運動量になりますので雨や雪が降ってる日とか夏とかはもっと大変だと思います