35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

9.11の思い出

2001年9月11日
当時高校生だった私
当日はアルバイトも無い日だったから家に帰ったら寝て過ごしていたんです
寝ていると、他の部屋からとても大声が聞こえてきて私は起きてしまいました

その部屋に行くと親がビックリしながら


「映画みたいに!飛行機がビルにつっこんだ!」

 

って声を荒げているんです

大袈裟だしうるさいなと思いつつテレビを見る

ツインタワーなビルの片方に飛行機が追突した
テレビ番組内容でその映像のリプレイが流れていた
切り替わりでライブ映像も流れるんですが、人や瓦礫が落下していくところも流れていたので生々しい映像

 

飛行機追突リプレイとライブ映像が交互に流れているのをボーッと見てる私
突然飛行機二機目が現れて、先程追突した方じゃないビルの方に飛行機が追突していきました
二機目の追突シーンを見た私も大声が出たしビックリしてしまいました
そして時間が経過するとツインタワーのビルが崩落していくシーンもあり、またしてもビックリしました

「ビックリした」を繰り返し書いてしまうような語彙力無くなる程、次々ととんでもない現象が起こった日でした


f:id:genkai35sai:20220910032039j:image

一連の事件の概要
アメリカ同時多発テロ事件は、2001年9月11日(火)の朝にイスラム過激派テロ組織アルカイダによって行われた、アメリカ合衆国に対する4つの協調的なテロ攻撃。
9・11テロ事件とも呼ばれる。

アメリカ合衆国北東部の空港からカリフォルニアに向けて出発した旅客機4機が、アルカイダのテロリスト合計19人にハイジャックされた。
そのうちアメリカン航空11便とユナイテッド航空175便の2機はロウアー・マンハッタンのワールドトレードセンターへと向かい、午前8時46分にアメリカン航空11便がノース・タワー(北棟)に、午前9時3分にユナイテッド航空175便がサウス・タワー(南棟)にそれぞれ突入した。
南棟は突入から56分後、北棟は1時間42分後に崩壊し、破片とそれに伴う火災は、47階建ての7 ワールドトレードセンタータワーを含むワールドトレードセンターの他のすべての建物の一部または完全な崩壊を引き起こしただけでなく、周囲にある他の10の大規模構造物に大きな損害を与えた。
3機目のアメリカン航空77便はハイジャックにあい、バージニア州アーリントン郡のペンタゴンアメリカ国防総省本庁舎)に墜落し、建物の西側が部分的に崩壊した。
4機目のユナイテッド航空93便は当初、ワシントンD.C.に向かって飛行していたが、ハイジャックにあい、乗員乗客がハイジャック犯の拘束を試みた結果、ペンシルバニア州ストーニークリーク郡区の野原に墜落した。

 

飛行機二機はワールドトレードセンターに追突した部分で当日ライブ映像で把握してましたが
他どれだけ飛行機のハイジャックされたとかテロ計画があるかは判明してなかった

翌日起床した私がとった行動はラジオで逐一情報を得ること

当時はスマホが無い時代だしテレビは持ち歩けるサイズのもの無い中、学校登校などもあるから

叔父からAM・FM・短波放送なんでも聴けるラジオをプレゼントされてた物にイヤホンで聴いてました

 


f:id:genkai35sai:20220910031728j:image

読者「学校内でラジオ聴くとか普通無理なのでは?」

って突っ込まれそうですが

 

中学校1年生の頃の私は内申点が11点 - 35歳限界説な男の人生記録

↑元々中学時代から頭が悪いし

 

偏差値40以下の高卒の男が学歴について思うことを書く - 35歳限界説な男の人生記録

↑進学先の高校は偏差値40以下の高校

そうゆう学校なので机に肘つきながらイヤホンでラジオ聴くなんてのは全然出来る事なんですw

寝てたり、ガラケーでメールや通話、私語、早弁、漫画やゲーム・パチンコ雑誌読むのも至って普通なんです

もっとやばい生徒がたくさん居るので教師も一々軽微なことは気にならない

(偏差値40以上の高校とは多分違う世界)

 

ラジオ聴きながらテロ事件の報道が1つ1つ知るのは楽しかった

2001年9月11日から21年経って、私は38歳のジジイになりました

学生時代って大人とは違って、このような大きな事件や災害に興味深い受け取り方してたし知識欲はあった気がするけど

大人になり段々歳をとると世の中の出来事への興味深さや知識欲が薄れていく感覚はあるなと感じます