35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

占い・スピリチュアルって好み分かれるね

占いって簡単にいうと将来を予知することや何かを透視する、それを行おうとする行為

スピリチュアル、「spiritual」(スピリチュアル:形容詞)「spirit」(スピリット:名詞)のように精神や魂、神や霊、そして心など、非科学的なことを感じたり見る行為

どちらも見えないものを感じたり見ようとしていく行為ですね

 

占い・スピリチュアルのような行為って興味ある人と否定的な人って二分しますね

 

否定的な人はとことん否定したくなる

現実的な思考だったり

周りで占い・スピリチュアルにハマって悪化した人を見たりとか


f:id:genkai35sai:20220514030239j:image

(※某野球監督の話したくて書いたブログ記事だと思われそう)

いや、違うんですけどねw

 

 

興味ある人って何かしら目標や着地点が欲しい人なんじゃないかなと思う

将来への目標・着地点が自分では朧げだったり思いつかないとか、あっても到達出来る自信が無いみたいな

それが占い・スピリチュアルで自分なりに目標・着地点を見定めたり、それに到達する自信に繋げていきたいから興味が出るケースなんじゃないかな

 

占い・スピリチュアルには興味無いけど自分で将来の目標・着地点を見つけてるよ、その上で到達する算段は出来ているよって人は占い・スピリチュアルに頼る必要はあまり無い

この差かなと思う

 

もう一つ思うのが

占い・スピリチュアルを趣味として楽しむ人も居る

身近な例を挙げると正月に神社へ参拝して、おみくじ引いて、一緒に居た人と

 

「大吉引いたわ〜、今年はええ年になりそうやな〜、株で大幅に儲けるとか彼女とか見つかったりとかするんかな〜」

 

「俺は凶引いちゃった…、良くないこと起こるとヤダな、嫌な部署に部署異動になるとかにならなければいいんだけどな」

 

なんて感じで一緒に居合わせた人とのコミュニケーションにもなり得る

おみくじだけでなく、いろんな占い・スピリチュアルなものはあるし

タロットカード引くとか、こっくりさんとか対人で占いする物ってコミュニケーションになる

 

ほどほどなら人生を彩るものになりそうだから、ほどほどに摘むくらいあると自分なりにやる気が出るとか人とのコミュニケーション材料になるからいいんじゃないかな

 

これがビジネス的にたくさん金銭要求するとか

何か難しそうな労働などをさせたりする

占い師・霊能力・スピリチュアルカウンセラーはダメだと思うし

他人に過度に勧めたり

あと過度に巻き込んだりするのもダメだと思うんよ

今年の某野球監督みたいに同じ組織のコーチ・選手まで巻き込んでいくとかね

 

個人的に楽しむ範囲として

ぼんやりした人生じゃなくて、目標や着地点になる自信が欲しいなとか

占いやスピリチュアルに興味ある人同士のコミュニケーションツールにしたいとか

そうゆう使い方もあるんじゃないかな

 

何で私がこんなブログ記事書いているかというと某野球監督見たからだけではなくて

世の中結構占いとかスピリチュアルが好きな人って居るんですよ

私がスポーツ・音楽・芸術・ゲームをやるとかはとてもじゃないけど敷居が高いし、やる意欲はわかないのだけれど

技術的なものが必要じゃない人との新しいコミュニケーションツールってなんだろうなって考えてたら

 


f:id:genkai35sai:20220521204524j:image

「占いとかも少し調べたら新しいコミュニケーションツールになりそうだな」なんて思いついた

それが転じてこのブログ記事書くネタにしてみるかってなりましたw

 

最近、私がいつも世話になってる人に

世話人

「限ちゃん、尿路結石になったり歯が折れたり

濃厚接触者になったり眼病になったり

●●になったり▲▲になったり(ブログ記事で書けない内容)して悲惨だよな

限ちゃん、2022年って細木数子が言うような大殺界みたいな年なんじゃない?www」

って茶化される程、災難な出来事が連続してるなというオチで今回のブログ記事は〆たいと思いますw