35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

根っから労働嫌いな人にだけ理解出来る話

働くことがとても嫌で嫌でたまらない35歳限界説の男です

読者さんでも根っから労働が嫌いな人がいらっしゃると思います

そうゆう読者さんやそうじゃない読者さんにも

「なるほど」

ってなるブログ記事を書きたいと思います

 

【脳汁】

脳汁ってワードをご存知ですか?

よく使用される例として

パチスロでフリーズや特化ゾーンで大量上乗せなどの、大量出玉の契機になった場合

パチスロ打ってる遊技者の気持ちを表すワードです

 

大量出玉が出る状態になる

すごく嬉しい気持ちが短時間で出てくる

脳内が快感で溢れてるような状態になる

脳汁が出るという表現になる

ここから脳汁が出るという表現が使われ出したと思われます

 


f:id:genkai35sai:20220209151826j:image

パチスロを打たない読者さんは

パチスロの話されてもわからない」

ってなるので他のもので当てはめていくと

 

プロ野球が好きで特定の球団を応援してる読者さんなら

好きな球団が9回裏まで3ー0で負けている

相手チームは全盛期藤川球児や全盛期岩瀬のような絶対的クローザーが出てくる

9回裏に満塁になる

サヨナラ満塁ホームランで逆転勝ちをする!

って時の野球ファン読者さんの喜びようや脳内の状態ですね

 

相撲が好きな読者さんにわかりやすく例えると

好きな力士は三役になったことない平幕力士

全盛期貴乃花や全盛期朝青龍や全盛期白鵬みたいな大横綱との取り組みで金星をあげる!

って時の相撲ファン読者さんの喜びようや脳内の状態ですね

 

とっても嬉しい場面に出くわして、瞬時に脳内から快楽物質が放出されて多幸感がある状態と説明したら良いでしょうか

 

この記事、実は脳汁を解説するブログ記事ではなく、根っから労働嫌いな人にだけ理解出来る話のブログ記事です

 

タイトル回収

根っから労働嫌いな私の人生で何度か仕事を退職してます

 

実録、ブラック企業の乗馬クラブスタッフ(その4) - 35歳限界説な男の人生記録

ブラック企業で就労していて過労死寸前で退職する話

これについては追い込まれて生命失う一歩手前なのでこのケースは例外とします

 

無能な精神異常者が第一種衛生管理者受験した結果とその後の行動 - 35歳限界説な男の人生記録

↑私の前職は3〜4年就労して退職しました

退職日に就労終わって

タイムカードを押して退勤

そして会社の敷地を一歩出ると…

 

晴れて自由の身になれた!!

 

 

 

脳汁が大量にとめどなく出る

 

敷地から一歩出たら、辛いことばかりだった会社・大嫌い労働とはオサラバ!

脳汁がとめどなく出る

まだ次の就職先決まってないし、まだ面接すら受けてない

次の仕事着けるかの不安が出る人は根っから労働嫌いな人ではないと思う

私は次の仕事着けるかの不安よりも

辛いことばかりだった会社・大嫌い労働とはオサラバ!への気持ちが勝つので脳汁が止まらない

 

半月くらいずっと脳汁出る生活をしてました!!

 

退職すると脳汁が長時間大量に放出される

それが根っから労働嫌いな人かどうかの見極める判断基準の1つなのではないでしょうか

これを読んでる読者さんも

「自分が今の会社を退職しますってなったら脳汁が長時間大量に放出されるだろうな」

って思う人は根っから労働嫌いでしょう

 

このブログ記事で根っから労働嫌いってわけでない読者さんにも根っから労働嫌いな人の思考を解説出来たと思います

 

【将来の楽しみ】

私は現在、東証一部上場企業に障害者雇用で復職して就労しております

どこまで就労するかわからないですが

退職日が来たら脳汁が大量に放出されて、あの多幸感を味わうことが再度あるのじゃないかと思うと楽しみになります

リタイアメント資金を貯まっての退職なら間違いなく脳汁が大量に放出されます、もう二度と労働することは無いので

今まで味わったことが無い多幸感を味わうのだろうと思うと将来が楽しみになります