35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

何気ない日常を取り戻したい

濃厚接触者の待機期間明けてから、徐々に日常へ戻さないといけないと思って過ごしてます

 


f:id:genkai35sai:20220308154404j:image

待機期間中にセブンイレブンで惣菜コーナーにて販売していた豚汁、これを複数買って食べてました

待機期間明けてもまだ残りがある

 


f:id:genkai35sai:20220308154528j:image

中身はこのような感じです

赤味噌な豚汁を販売してるのは東海地方だけかな?

 

ズズズーッ

豚汁を啜る、出汁が効いてる美味い

 

待機期間明けて日常生活に戻さないといけない

出社して働くのですが

身体をほとんど動かして無かったので動きが重たい

 

35歳限界説の男、障害者雇用として復職する - 35歳限界説な男の人生記録

2019年6月から休職して2021年1月から復職した当時に近いような

筋肉が出来てなくて筋肉痛になりながら退勤する状態になってます

筋肉や業務をやる感覚を戻すのは1ヶ月はかかると予測してます

 

濃厚接触者だったがコロナ感染はしてなかった私ですら待機期間明けの出社がこんな感じですので

コロナウィルス陽性者で療養を経て復帰される人はもっと大変なんだろうな…

後遺症あれば筋肉や業務をやる感覚だけでないキツい部分がありそう

 

【何気ない日常】

世界的ニュースであるウクライナ情勢

ウクライナ国民は何気ない日常が無い日々を過ごしている

ロシア国民の中で志願兵じゃなくて徴兵されて無理やり戦場に行かされてる人も何気ない日常が無い日々を過ごしている

 

私はウクライナ情勢について詳しくもないし、当事者でないのでどこの国が悪いとかブログ記事に書こうとは現段階では考えてないけれども

何気ない日常が無くなって大変な生活を強いられてる人が増えてるのはいたたまれない気持ちになります

 

ウクライナ情勢のような戦争・紛争だけでなく

東日本大震災熊本地震阪神淡路大震災のような災害の被災者もそうだし

コロナウイルス感染者だって何気ない日常が無い日々に陥る

 

何気ない日常を維持出来るのが大切だと思う

私は運良くコロナウイルスに感染しなかったので1ヶ月で筋力と業務をやる感覚を取り戻すことで以前の日常に戻れるはずだと信じて進もうと思いました