35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

ポジショントークをするブログ

2019年6月にうつ病と仕事の能力不足で休職してから、このブログを開設し

35歳限界説の男、障害者雇用として復職する - 35歳限界説な男の人生記録

2021年1月下旬から障害者雇用で復職した私、35歳限界説の男です

 

 

私は休職するだいぶ前から
無職・セミリタイア生活・非正規雇用精神疾患になりながら仕事をしてる人などなどのいろんな人のブログを読んできました

 

印象的なブログがありまして
最初はすごく仕事することが嫌いな実家暮らしな無職だったけど実家が無くなることがきっかけで追い出され
そこから派遣社員として仕方なく働く人のブログがありました
勤務内容や日々の生活の苦労話を書いてるブログで定期的に読んでいましたが
しばらくすると正社員登用になり
更に年月が経過するとそのブロガーが役職者になりました


最初は「仕事なんてしたくない」って仕事のやる気が無く愚痴が多めなスタンスでしたが
正社員になり役職者になると


「●歳派遣の奴が使えない奴だ」
「働く気も無い奴はろくでもない奴だ」


って感じで過去の自分を棚に上げてマウント取るブログを書いてました
定期的に読んでいた私はそのブロガーが役職者になって職場の派遣社員さんや世の中の無職に対してマウントを取り出した頃にブックマーク消して読まなくなりました

 

ポジショントークという言葉があります

 

ポジショントークとは、自分の立場、立ち位置に由来して発言を行うことである。転じて、自分の立場を利用して自分に有利な状況になるように行う発言のことも指すようになった。

ポジショントークという言葉の意味です

 

このブロガーさんは最初の頃ニート生活の良さや労働への不満を書いていた

しかし派遣社員から正社員になり

更には役職者になると労働を賛美したり、働く気がしない人・働くことに前向きな意欲が出ない人を批判したり見下したりする

ポジショントークで変化していったブログなんです

 

読者だった私はガッカリしました

 

私はブロガーであるよりも、誰かのブログを読む読者側な歴の方が長いです

これは自分なりの気持ちや思考にはなりますが読者側の気持ちもわかります

立場が変われば180度書くこと変わるブログとか読んでて萎えますよ、心底萎える

 

【35歳限界説な男の人生記録ブログについて】

私、35歳限界説の男は

無職だった期間もあるし

フリーター・期間従業員・正社員、雇用形態様々な経験もあります

ブラック企業・グレー企業も経験ある

東証一部上場の待遇がホワイト企業の経験もある

1年6ヶ月間休職もした

障害者雇用で復職もした

 

いろんな人生経験をしましたが

私はどの時代も低スペックで無能です

今私は(障害者雇用だけど)正社員で働いてます

働いているからといって、労働を賛美したり、働く気がしない人・働くことに前向きな意欲が出ない人を批判したり見下したりすることは無いです

 


f:id:genkai35sai:20220222122701j:image

「35歳限界説の男って勤労意欲や向上心が無いからいい印象を持てない」

って読者さんも一定数居るかと思いますが

 


f:id:genkai35sai:20220222122841j:image

「復職してもスタンスがブレなくて初期からずっと読んでても悪いギャップが無くて良いよね」

って読者さんに安心して読んでもらえたらいいな