35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

時間の流れは一定ではない

2019年6月から傷病手当を受給しながら1年6ヶ月休職して

東証一部上場企業の就労が限界になった経緯(その17) - 35歳限界説な男の人生記録

 

35歳限界説の男が休職した日の話 - 35歳限界説な男の人生記録

2020年に精神障害者保健福祉手帳を申請し交付され

 

精神障害者保健福祉手帳の申請結果が届きました - 35歳限界説な男の人生記録

2021年1月下旬に障害者雇用で復職した、私35歳限界説の男です

 

 

休職期間と復職後では時間の流れの体感速度が全く違います


休職期間は
心療内科や会社面談に行ったり
YouTube動画やツイキャス生配信を見たり
家事や食材の買い出ししたり
友人知人と会ったり
ブログ記事の材料探しや記事を書いたり
Twitterでブログ記事告知
などをしててすごく速度が早かったです

 


f:id:genkai35sai:20211004142823j:image

休職期間の速度は早いのですが
復職をすると平日が勤務日なのですが

「うわっ…まだ月曜終わっただけ…、まだ4日も仕事あるよ…」
「キツい…、まだ火曜やん、まだ3日も仕事あるやんけ…」
って感じで日時の速度が激遅です
金曜日になっても、昼休憩とか
「まだ半日ある…、もう4日半働いて心身キツいよ…、まだ半日もある…、まだ半日もある…」
って感じで金曜日の退勤が遠いのです

しかし土日の休日は心身の回復に充てる為、休職期間の倍くらい速度が早い
マッハで月曜の朝が来る気がして休んだ気がしません…

 


f:id:genkai35sai:20211004142802j:image

これを何年、何十年も繰り返すって考えると精神が悪くなります…
着々と精神異常や精神崩壊が進んできてます

 

 

体感速度を数字で表すと

復職後の土日 休職期間 復職後の平日
   20 >  10 >   1

って感じですかね…

復職後の平日(勤務時間)は時間の速度がドラゴンボールに出てきた精神と時の部屋かな?って思うくらい時間経過が遅い…

 

 

このブログ記事書いてるのが年末年始の長期連休中なんだけど…

f:id:genkai35sai:20220102114417j:image

2021年12月28日

「仕事納めで長期連休!友人・知人と遊んだり、自分の休息時間を楽しむぞ!」

 


f:id:genkai35sai:20220102123007j:image

2022年1月2日

「もう長期連休5日目、休日時間経過早すぎてまだ休み足りないんだけど…」

 

時間経過速度が変動してるとしか思えない!

地獄の就労がすぐにやってくるやんけ…

 

時空の歪みを感じます…

 

この記事読んでる読者さんは時空の歪みを感じたり、就労時間は精神と時の部屋状態なのだろうか?

 

2022年になっても就労にとても抵抗があるし、嫌悪感があります

根っからの社会不適合者で就労に不適格な人間なんです

2022年も就労に対する嫌悪や精神疾患の病状をブログ記事にたくさん書きます

読者さん、本年もよろしくお願いします