35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

新型コロナワクチン接種への考え方

今回のブログ記事は

私35歳限界説の男、個人的な考えを書くので

内容を読者さんに押しつけたり推奨するものではございません

一個人の考えって前置きをいたします

 

前回のブログ記事にて

障害者雇用で復職して5ヶ月経過と特別休暇の話 - 35歳限界説な男の人生記録

現職の企業から新型コロナワクチン接種する従業員へ、接種日を特別休暇(有給扱い)を付与するという通達の紙が配られた話を書きました

 

世間では新型コロナワクチン接種に対しての考えが

積極的に接種したい人も居ますし

ワクチンの副反応に恐怖心や不信感があり接種拒否する人も居ます

 

ワクチンの副反応に恐怖心や不信感があり接種拒否する人にとっては接種受けるなら特別休暇が付与されるとしても「特別休暇があるから新型コロナワクチン接種してこよう」という考えには到らない人もいらっしゃるはずです

 

 


f:id:genkai35sai:20210627200110j:image

↑この画像(岩国市出身の音楽家田中穂積氏)に顔が激似な友人と新型コロナワクチン接種についてメッセージで議論しました

 

私「新型コロナワクチン接種の接種日、特別休暇を付与するって通達が会社から来たわ」

 

田中穂積さんに顔が激似な友人(以下穂積)「俺も特別休暇が付与されるわ、それでも接種券が来てないからまだ受けれないけどな」

 

私「新型コロナワクチン接種の副反応による死亡率が72000分の1ってデータ出ててきてるけど穂積さんは接種するの?それとも接種しない?」

 

穂積「接種するに決まってる

高齢者のデータだから持病持ってる人の割合多くて副反応での死亡率高くなってるはず、俺は30代で持病無いから大丈夫だろ

限ちゃんは接種やらないのかwww」

 

私「穂積さんが接種どうするのか聞きたかったんよ

俺の考えでは副反応での死亡率は72000分の1かもだけど、コロナウイルスに罹患した人の死亡率の方が高そうだと思うんよ

だから新型コロナウイルス接種する選択の方が良いのかなと考えてるところ」

 

穂積「限ちゃん、接種する理由がそれなんだな、お互い接種して72000分の1引いたらそれが運命な人生かもな」

 

私「まだ接種絶対するってわけじゃないけど

接種券来るまでに高齢者以外の接種した人の死亡例が頻発するニュースが無ければ接種しようかなと前向きに考えてるところ」

 

穂積「新型コロナワクチン接種拒否してコロナウイルスに感染する奴、頭が悪いだろ」

 

私「いやいやwww

新型コロナウイルス接種してもコロナウイルスに感染するケースあるからね

コロナウイルスの感染を防ぐの為ってよりも感染して症状が重篤化することを防ぐのが目的と考えた方がいいよ」

 

穂積「インフルエンザ予防接種みたいなもんか、あれは予防接種してもインフルエンザ感染することはあるもんな、症状が重篤化しない効果はあるけど」

 

私「そうだね、新型コロナワクチン接種しても感染する場合もあるから

穂積さんがワクチン接種したとしても、ノーマスクとか手洗いなどを怠るとかすると危険だよ」

 

穂積「そうだな、接種券がまだ来ないけど来たら接種受けて感染予防も引き続きするか」

 

このような内容のやりとりをしました

 

新型コロナワクチン接種せずコロナウイルス感染すると死亡率が高いだけでなく、生存しても後遺症が残るケースもある

肺が線維化してしまうと肺胞が固くなり血管に酸素が取り込まれにくくなるという重篤な後遺症になるケースもあるようです

死亡してしまうケースと生存しても後遺症で生涯苦しむケース両方あります…

 

 

それと私の場合は

東証一部上場企業の就労が限界になった経緯(その17) - 35歳限界説な男の人生記録

↑2019年6月の休職前にインフルエンザや扁桃腺炎に感染することが複数回ありました

私は就労すると疲労やストレスで免疫力がかなり低下する体質という自覚があります

就労すると免疫力が低い私には新型コロナワクチン接種はした方が良い理由でもあります

復職して5ヶ月間通勤や就労してるのにコロナウィルス感染してないのは奇跡的なことだと思います

 

今日のブログ記事をまとめると

  • 新型コロナワクチン接種すると72000分の1で副反応による死亡率がある(まだ接種したのが高齢者の割合高めなので死亡率は少なくなるかも)
  • 副反応の死亡率よりもワクチン接種せずコロナウイルス感染する方が死亡率高い
  • コロナウイルス感染での死亡するケースだけでなく生存しても重篤な後遺症になる場合もある

 

こうゆうことを考えると接種券が届くまでに高齢者ではない人が副反応で死亡した割合が高いニュースが増えなければ、接種券が届いたら新型コロナワクチンを接種しようと現段階では思っております

もちろん、日々刻々と状況は変わるので接種券が届いたら絶対に新型コロナワクチン接種をするんだとは断言出来ませんので積極的に接種したい派では無いです

 

ワクチン接種拒否する派の人の気持ちも私は理解出来ます

  • 新型コロナワクチンの副反応に対して不安や恐怖心がある
  • 政府主導のものに対して不信感がある
  • 世論的にワクチン接種打てばかり言われて逆に嫌になり拒否したくなった
  • そもそも特別休暇を取らせてもらえないし、貴重な元々の休暇を使ってまでワクチン接種の時間を作るつもりがない
  • 普段から何の楽しみもない、友人や交際相手もいない独身男性で人生どうでもいいので生きる為のワクチン接種とか興味が無い

 

などワクチン接種拒否する理由も様々あると思われます

 

ワクチン接種の副反応怖い気持ちもわかるし

国民の生命や生活よりも既得権益への利益誘導ばかりな政府の政策を見てると不信感あるのも理解出来る

周りから「ワクチン打て」ばかり言われれば嫌になって逆に打ちに行かないのもわかる

「ワクチンハラスメント」というワードが出来るくらい強要する風潮は私も嫌です

 

特別休暇が無かったら私もわざわざ自分で時間作ってワクチン接種なんてしないと思う

特にブラック企業勤務の人だと自分の時間は休息に充てたい、ワクチン接種打つ時間あるなら一分一秒でも休息に充てたいってなるだろう

普段から何の楽しみもない友人や交際相手もいない独身男性で人生どうでもいいので生きる為のワクチン接種とか興味が無いって人の気持ちも、私は2014年頃なんて人生捨ててるような思想や行動してたので

2014年の35歳限界説の男「ワクチン接種?くだらない、俺は人生自体どうでもいいんだから実にくだらないね」ってなってたはず

ワクチン接種拒否する派の気持ちもすごく理解は出来ます

 

ワクチン接種を推奨したり、ワクチン接種拒否を推奨したりは私はしません

今日は私なりの新型コロナワクチン接種についての考えを書いてみました