35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

あなたはYouTube動画に高評価又は低評価押しますか?

読者さんはYouTube動画を視聴されてる人多いと思います

YouTube動画に高評価又は低評価を押す機能があります

私の普段YouTube動画視聴して、高評価又は低評価をどう押してるかをこの記事で書いてみます

 

まず高評価についてですが、高評価は押すことよくあります

  • 楽しかったから
  • 癒やしになったから
  • 参考になったから
  • 応援したいから
  • 見応えあるから

 

理由は様々ですが高評価は押しますね

動画に高評価がつくと投稿者への広告料が高くなるというわけではありませんが、検索上位になったりオススメになりやすかったりするようです

 

「この動画良い!!」とか「この投稿者を応援したい!!」って思ったら高評価を押すことにより、1再生あたりの広告料は変わらないですが検索上位になったりオススメにのりやすい

              ↓

検索やオススメから初見の視聴者が増える可能性が上がる

              ↓

再生数増えて、収益が増えたりファンが増えるので投稿者のモチベーションが増える

              ↓

投稿者が動画投稿を辞めてしまう可能性が低くなったり、意欲が増えたら投稿ペースが上がったりより良いものを作る可能性が増える

 

ってなるので高評価を押すことに意味があります

私はそれを理解してから良い動画には押すことを心掛けています

 

 

私が低評価について押すかどうかの話になりますが

基本的には押しません

理由としては不快感な動画や投稿者に低評価を押してしまうと低評価が集まれば集まる程、その動画や投稿者に注目度が集まり再生されやすくなります

高評価数だけでなく、低評価数が多い場合でも検索上位になりやすいことがあるようです

再生されたら収益に繋がってしまうので私が不快感を受けた動画や投稿者に低評価を押すことは基本的にはありません

注目度を上げず、視聴回数や収益も上げずに朽ちていく方が不快感を受けた動画や投稿者にダメージを与えれるので餌になるようなことはしません

 

しかし例外もあります


f:id:genkai35sai:20210205210114j:image

↑有名な自民党政見放送

 


f:id:genkai35sai:20210205210225j:image

↑税金を自分達の私的な金だと勘違いして「(定額給付金を)支給するつもりはない」と言った人

 

こうゆう人達の悪い部分が出てる動画投稿には私は低評価を押します

 

何故低評価を押すのかは理由があって押してます

感情だけで低評価を押してるわけではありません

普通のYouTube動画投稿者は再生されることが利益に繋がりますので、低評価を押すと注目度が高くなる為押さない方が良いですが

 

政治家の場合は議席を得ることが利益になります

したがって注目度が高くなると政治家の不快感な部分や悪政や不祥事などを見る機会が増えます

低評価を押して注目度が高くなってもいいんです、他のYouTubeユーザーのおすすめ欄に出てきて再生されて悪政や不祥事について考えてもらう機会に繋がります

もちろん私と他のYouTubeユーザーでは思考や思想の違いが一人一人あるとは思うので動画を視聴しても私に似た思いをするとは限りませんが

一人でも悪政や不祥事をする政治家に気づいてもらう機会になるかもしれないのでこの場合だけは例外的に低評価を押してます

悪政や不祥事をする政治家の議席を一つでも減らせれたらと思ってます

 

↑上記の画像は自民党の政治家達ですが自民党だけが悪政や不祥事をするわけではないと私は思ってます

私は単なるアンチ自民党ではないです

自民党を含む新自由主義を推し進める政治家や政党に反対してるので自民党に限らず新自由主義思想側の政治家や政党の悪政や不祥事を批判します

自民党だけでなく、維新の会や(野田佳彦が執行部な場合の)旧民主党系政党も新自由主義を推し進める政党だと私は認識してます

新自由主義は一部の特権階級だけの利益誘導をして、そうではない国民を犧牲に成り立たせます

日本国民みんなの生活や人生を良くする為の政治とは真反対の政治や政策を推し進めるので私は反対の姿勢を取り続けてます

 

35歳限界説の男がYouTubeにて高評価低評価を押す理由を今回の記事に書いてみました