35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

35歳限界説男の外食(その50)

外食カテゴリー記事が50回目になりました!

50回目は名古屋名物(名古屋というより愛知県の名物かも)で、ひつまぶしという鰻の料理があります

名古屋だけでなく名古屋市外でも鰻料理店でメニューになってる店舗さんをよく見かけます

ひつまぶしを私がお世話になっておる人にご馳走になりました、それを今回の記事にさせていただきます

 


f:id:genkai35sai:20200926223513j:image

今回世話人さんに連れて行って貰った店舗さんは名古屋市の栄エリアにあります、しら河栄ガスビル店さんです

栄ガスビルの地下フロアに店舗があります

私はひつまぶしを違う鰻料理店で食べたことはありますが、しら河さんに来るのは初めてです

 


f:id:genkai35sai:20200926223811j:image

メニューはこちらです


f:id:genkai35sai:20200926223835j:image

ひつまぶし以外の鰻料理メニューもあります

 

私はひつまぶしをいただきました


f:id:genkai35sai:20200926223953j:image

ひつまぶしが出てきました

ひつまぶしは櫃(ひつ)に入っているご飯に細かく切った鰻をまぶして食べるのでひつまぶしと呼ばれる料理です


f:id:genkai35sai:20200926224142j:image

一杯目は普通によそって、そのまま食べます

うなぎの表面がカリっと、中はフワッとしています
あぶらのノリ良いし味も美味しいです、香りは生臭くなく炭火で焼いたほのかに良い香りがします

普通に食べても美味しい!

 


f:id:genkai35sai:20200926224444j:image

二杯目は薬味(ネギや海苔)を入れて食べていきます

ネギや海苔もひつまぶしに合います

味に変化がありますので一杯目とは違う美味しさを堪能できます

 


f:id:genkai35sai:20200926224718j:image

三杯目に入る前に熱い出汁を持ってきて貰います

ひつまぶしの三杯目の食べ方は…


f:id:genkai35sai:20200926224915j:image

出汁をかけて食べます!

出汁をかけて鯛の切り身が入ったご飯を食べる鯛茶漬けという料理がありますよね

それが鯛ではなく、鰻になった感じです

 


f:id:genkai35sai:20200926225139j:image

出汁をかけてほぐして食べます

サッパリと食べれるし、あぶらののった鰻と出汁の相性は抜群にヨシ!

私はこの食べ方がかなり好きなので4杯目もこの食べ方してます

もちろん一杯目、二杯目の食べ方も美味しいです、味わいの変化を楽しむのがひつまぶしの醍醐味です

愛知県に来られる人はひつまぶしを食べるのもオススメします

 

休職以来初めて食べるひつまぶし、美味しかったです

世話人さんに毎回感謝をしながらご馳走になってます