35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

Twitter活動が1年になりました

35歳限界説の男は2019年9月2日にTwitter開設しました

開設して1年になります

開設した理由は当ブログの宣伝が目的でした


f:id:genkai35sai:20200903192325j:image

すぐに物事を投げ出してしまう35歳限界説の男が1年もよく続けれたね

 

Twitterにはいろんな思想を持ってる人やいろんな書き込みがあります

気になるツイートに、私が思うことをたまにリプ・リツイート・引用リツイートをさせていただくこともあります

私がフォローしてるAさん(仮)は消費税増税反対だったりブラック企業に対して批判的なスタンスなツイートをよくされてます

私も消費税増税反対とブラック企業に対して批判的な思想なのでたまにリプすることがあります

ある日、Aさんのブラック企業批判的なツイートに私がリプしてたときのこと

おそらくブラック企業批判的なAさんのツイートや私のリプに対して

 

「そうゆう会社にしか入れないのは自己責任だろ、さっさと働け」

「政治に文句を言うな」

みたいな第三者のリプも飛んできます

ブラック企業でさっさと働けというのは過労死しても自己責任って形で許容する人が日本に居るということになりますし

消費税増税で生活苦しんでいる人が政治に疑問に思うことも弾圧して良いと思う人が日本に居ることになりますし

こうゆう部分に関して日本の悪い固定観念が見えるんだなというのが私の率直な感想ですね

 

普段生活をしてるとあまり見かけない

反出生主義の人

就労が限界になり休職してる人

就労の在り方に疑問を持つ人

新自由主義に否定的な人

他にもありますが書いたらきりが無いくらい普段の生活であまり見かけないけど私と思想が似てる人がいらっしゃって、自分の思想が孤独なものじゃないのだなと感じれる部分は良かったです

そうゆう人のツイートを見てると共感したり、勉強になることがあります

同じような思想の人が苦悩されてるツイートを見ると気になってしまいます、そうゆう人の人生が救われる状況になればいいのになと日々思います

 

フォロワーさんが増えることもありますが、気になってたフォロワーさんがTwitter活動休止や辞めることもあります

ちょっと寂しい気持ちになりますがいずれ私もTwitterを辞める日が来るのだろうな

一期一会的な部分もTwitterにはありますね

 

そんな一期一会的なTwitterにて私をフォローしていただいてる人やフォローはしてないけど見てる人、ブログを見てくださる人には感謝しております

 


f:id:genkai35sai:20200903194051j:image

私は頭が悪いのでもしかしたらフォロワーさんに不快感を与えるツイートをしてるケースがあるかもです

それは申し訳ありませんとしか言えないですが…

傷病手当期間中はTwitter活動をまだ続けていきたいと考えてます

傷病手当期間はあと少しですし、その先のことはまだ考えてませんが…