35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

働いてないと人の目が気になる人が多いらしい


f:id:genkai35sai:20200826154109j:image

5ちゃんねるなどで

「働いてないので人の目が気になる、外出するのは深夜に少しコンビニくらい」

って書き込みを見かけることあります

 

1年以上休職して傷病手当で生活している35歳限界説の男である私は無職ではないですが、働いてない期間が長いので今日はこれについて自分の思うことを書いていこうと思います

私の場合は例えば友人知人と会ってるところや水族館・動物園などの生活に必要としないような施設に居るとかを職場の人に見られたら不味いなとは思います

職場の人「あの野郎、辞めずに休職してるくせにこんなことしてやがる!」

って思うだろうなと推測できますので、見られたらガチでまずいです…

そもそも働いていても休職してても職場の人と職場以外でバッタリ会うことはかなり気まずいです…

 

しかし全く面識が無い人の目は私の場合気にならないです

私が休職だろうが無職だろうが面識無い人は多分私に対して気にしないと思うんです

平日昼とかにどこにいても、他人がジロジロ見られるのあんまり無い

夜勤勤務の人や平日休みの人とかも世の中一定数居ますので、スーツや作業着ではない成人男性でも平日昼に外出してても不思議ではないと思います

 

職場の人や(実家暮らしなら)親族の目が気になるケースは理解できますが

無職・休職で他人の目を気にする書き込みをする人はそんなに気にしなくてもいいんじゃないかなと私は思いながらネット上の書き込みを見てます