35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

うなぎを買って食べた+雑談

夏になると土用の丑前後はスーパーマーケットでうなぎを売ってる店舗さんを多く見かけます

私は20歳のとき実家から出て暮らして、家でうなぎを食べる経験は片手で数えれる程度に少ないです


f:id:genkai35sai:20200615154912j:image

土用の丑フェアで中国産うなぎが599円でした、休職して傷病手当生活をしてる私でも手の届くお値段なので購入できました

買ってきて電子レンジで温めて食べてみました

うな丼形式で食べてみました、美味しかったです

前食べたときはドラッグストアのポイントのカタログ景品で食べた記憶があります、何年ぶりに家で食べたんだろうか…

 

Amazonで見てみるとくら寿司さんがうなぎ販売してますね…

すき家さんとかでもメニューにうなぎありますよね

うなぎ屋さんで食べるのは格別に美味しいですが、自分で購入したり一般的な飲食店で手軽に食べれるのもそれはそれで良いですね

 

 

夏になると工場は日が出てる時間帯が40℃以上の室温になります

職場で何度も倒れた話 - 35歳限界説な男の人生記録

↑鋳造工場だと常に熱中症にかかっている状態であると言っても過言ではありません、鋳造工場じゃない工場でも室温40℃越える日が多いです

そうゆう環境で4時間勤務+(昼休憩40分)+4時間勤務で、昼休憩以外は高温の環境下で勤務します(残業があれば更に長い勤務時間になります)

家に着いても夏は重い食べ物が受けつけない身体になってます(無理矢理食べると戻してしまう)

脂の乗ったうなぎなんて夏の退勤後とかは身体が受けつけない意味で食べれなかったので、休職して夏の平日夜にうなぎを食べるということは休職してるんだなと強く感じる出来事であります

 

鋳造工場時代の夏の退勤後はガリガリくんタイプのアイスと栄養補給タイプのゼリー食って夜ご飯終わるパターンも結構ありました

 

 

 

 

ガリガリくんやゼリーのセットの夜ご飯は身体が受けつけてたので2012年~15年の夏はこれで過ごしてました

ご飯を自炊する体力気力が無いのでガリガリくんタイプのアイスや栄養補給タイプのゼリーがこの世に存在してて助かりました…

土日はその反動で重い食べ物やジャンクフードをたくさん食べてました

なので痩せるとかは無く2012年も2020年も変わらず肥満体な私であります(休職してから更に10キロ太ってますが…)