35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

2020年6月の会社面談

今月も会社面談がありました

 

面談にて傷病手当申請書をいつものように会社の人にお渡ししたのですが

傷病手当申請書には医師の所見欄があるのです

2020年6月の心療内科通院 - 35歳限界説な男の人生記録

↑この記事に書いた通り5月下旬から6月上旬に雨が降る日が多くて気圧の変化が激しく、私は頭痛で寝れない日が多かったです

 

所見欄に頭痛での不眠についてのことも書いてありまして、会社の人がそれに気がついて私に質問がありました

会社の人がこの所見欄に気がついて私に質問をすることは普通なんですが

質疑応答するのにかなり緊張してしどろもどろで返答しました…

返答の仕方が会社の人への印象は良くないだろうと思ってます…


f:id:genkai35sai:20200625195855j:image

1年間、毎月面談してても恐怖心は無くならないです

面談してる時はもちろん恐怖心ありますし、面談する日の前日や翌日も恐怖心はたくさんあります…

障害者雇用の話を切り出す時が来たら私のメンタルがどうなるか今から心配です…

 

半年したら傷病手当期間も終わりが来ます

なのでいつかは未来の方針に向けてやらないといけないことを手掛ける日がやってきます

精神障害者保健福祉手帳3級交付からの気持ちや考え - 35歳限界説な男の人生記録

まだ私は精神障害者保健福祉手帳の交付しかやってないので前途多難です