35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

2020年5月の会社面談

2020年5月の心療内科通院 - 35歳限界説な男の人生記録

今月は傷病手当申請書と診断書心療内科行ったときに医師から出していただいてます

 

5月の会社面談の為会社に行きました、面談の前々日から睡眠があまり取れないような精神状態になってました

会社面談をする前から精神状態がかなり悪くなります

いつも会社というものに恐怖心がかなり出ます…

 

会社の人との話をした内容は

先々月や先月同様、コロナウイルスの社会的影響が続いている状態なので何も出来てないですし、医師からもコロナウイルスの情勢が落ち着くまでは通院するくらいしか行動出来そうに無いです

このような内容を私はお伝えしただけなので、特には会社の人からの厳しい追及もなく淡々と面談が進みました


f:id:genkai35sai:20200525140925j:image

傷病手当申請書と診断書をお渡ししました

診断書が3ヶ月分のものです

先月と社会保険料や住民税は額変わらず47644円も納めてきました

5月も額が変わらなかったです

 

厳しい追及もなく淡々としてても冷や汗がダラダラと流れてきました

退出しても帰り道まだ恐怖心が拭えませんし、家に着いた今も怖い

精神状態を持ち直すには少し時間がかかります

 

そろそろ休職してから1年になりますが、仕事・会社のことが脳について回る時間は精神異常が出ます

復帰日が決まったら更に精神異常は進行するはずです

 

35歳限界説な男の人生記録ブログを定期的に閲覧されてる読者さんにお伝えしたいことなんですが

傷病手当期間終わったりが近くなってきたり又は復職決まった場合は今の精神状態よりどんどん乖離していき更に精神異常な状態になります

言動が荒かったり、更にモラルが無い行動したり、奇行や過激思想を記述する文面などが増えていくと思われることをあらかじめ予告しておきます…

 

傷病手当期間終わるまではブログを継続していきたいと今は思ってます

 

はてなブログを始める際になるべく私なりに穏やかな文面や内容を心掛けておりますが、仕事をしないといけなくなるとストッパーが効かなくなるし

あと約6ヶ月しか傷病手当期間が無い為終わりは段々近くなってきます、復職しても地獄ですし、退職しても餓死などが避けれない事態になります