35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

10万円給付金受け取りシステムの問題点

コロナウイルス対策の10万円給付金が世間では話題になってます

要件を見たときに私が思った問題点を書きます

 

受け取り方法について

受け取り人が世帯主が代表で受け取りする方法になってます

私のように世帯主は私で、一人部屋で住んでる人なら問題は無いのですが…

 

世の中では単身世帯だけしか無いわけではない

 

世帯ごとの給付を望まない場合は?


 ドメスティックバイオレンス(DV)を受けていて別居している、離婚の調停をしているなど、世帯主への一括振り込みを望まないケースもあるだろう。原則としては、上記の通り住民基本台帳で同一世帯であれば世帯主に給付されてしまうが、総務省は「DVが原因で別居されているケースについては、申し入れを受ければ避難先の自治体で世帯主とは別に受け取れることも検討している」とする。

 

という風に(夫や妻である)配偶者からのDVがある世帯には配慮はあるのかもしれません

しかし夫婦だけの世帯だけではないですよね


f:id:genkai35sai:20200421211712j:image

世帯主と世帯主の子供との間で仲が悪いケースもありますし、世帯主が子供の分を勝手に使ってしまうことも考えれますね

使ってしまっても「子供は親の所有物」という思想の人が世の中にはたくさん居るので子供側は泣き寝入りするケースが多いのではないかと推測されます

この思想を私は疑問に思いますし、こうゆう子供さんが不憫だと思います…

 

夫婦間でDVが無くても世帯主が一人で給付金を勝手に使ってしまうケースも考えられます

給付を迅速にする方法かもしれないですが、かなり人間関係に問題を生じるものにならないかなと危惧しております

 

私は世帯主で誰からも勝手に使われず、人とトラブルになるのを回避できて良かったですが

誰かと金銭トラブルになるのは嫌ですね、想像するだけでゾッとします