35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

2020年最初の会社面談

毎月中旬頃に会社面談だったのですが今月は下旬になりました

理由は年末調整金が出てから会社に来てほしいので確定次第連絡しますとのことでした

年末調整金が確定したので会社に来てくださいとの連絡が入り、私は会社に行きました

 

会社面談が始まりますと私の病状、前回の会社面談から何かしていたか、2020年入ってどうしていきたいかなどの質疑応答を行いました

その後、1月分の傷病手当申請書の提出

年末調整金も記載された給与明細書を受け取り説明がありました


f:id:genkai35sai:20200125172851j:image

年調過不足が年末調整の差額になります

年末調整で22043円戻って来ました

私は年末調整の仕組みが詳しく無いですが

おそらく休職期間が長くて年収が低いのと前々年と前年の収入の差が大きくて前々年の年収から算定した税金や健康保険の控除をしてきたからかと思われます


f:id:genkai35sai:20200125173500j:image

↑年末調整の無い月の明細

今まで毎月の納める控除額が47664円でしたが今月は25621円が納める控除額となり、その分少し生活費が増えました

年末年始がお金たくさん使ったり、1月の光熱費がすごく高かったので助かりました

 

精神障害者保健福祉手帳の申請を提出してきました - 35歳限界説な男の人生記録

会社には精神障害者保健福祉手帳を申請したことは申し上げてません(障害者であることを申告する義務は無いです)

精神障害者保健福祉手帳が交付されて、なおかつ障害者雇用を会社側に交渉することを決断したときに申し上げようと思っております

2020年最初の会社面談も前年と同じく内心すごく恐怖な心境で臨んでます

今年も休職期間が終わる又は退職するまで毎月会社面談はあります