35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

仕事を誘われて断った話

先日、某企業(製造業)勤務の友人からメッセージがありました

友人は製造業企業で保全(機械や治具を製作又は修復する業務の人)をやっていて

2人で保全業務をしていて、友人じゃない人が退職されて、欠員が出てるみたいです

「限さん、今仕事休職中ですよね?

うちで保全やりませんか?」

友人は親切心もあって誘ってるとは思いますが

私は断りました

それには理由があります

うつ病な現状だったり、保全業務経験者でないし、今在籍してる企業で休職しているのもありますが

私がうつ病寛解してる無職でも断っていました

 

友人と仕事で利害関係になると今までの立場が変わるし、私は仕事の能力不足で利益にならない無能なので仕事できず、友人との関係を壊してしまう

友人との人間関係を壊したくない

例えばお金の貸し借りで友人にお金を借りてお金を返済せずに逃げるとかも友人関係壊してしまう要素ですよね

一緒に仕事することも利害関係があり、私が仕事できなくて利益を産み出せない私は友人関係を壊してしまう

これ似てますよね

 

私は仕事で人間関係壊す人なので、友人には説明してお断りしました

それでも善意で仕事の斡旋や口利きする話を勧めてくれた友人はやさしい心から提案したんだろうと思いました

私の友人は心の暖かい人が多いなと感じます

ありがたいことです