35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

無人駅、駅ノートの旅(その2)

前回はJR御殿場線谷峨駅での無人駅ノートの記事を書きました

無人駅、駅ノートの旅(その1) - 35歳限界説な男の人生記録

今回はJR東海道線の根府川駅に来ました


f:id:genkai35sai:20191214214028j:image

 

電車からホームに降り立つと向こう側は太平洋の海が見えます


f:id:genkai35sai:20191214214131j:image

 

跨線橋から撮影


f:id:genkai35sai:20191214214304j:image


f:id:genkai35sai:20191214214402j:image


f:id:genkai35sai:20191214214556j:image

 

駅舎から


f:id:genkai35sai:20191214214630j:image

 

路線図です、谷峨駅も根府川駅も路線は違いますが神奈川県の西部に位置します


f:id:genkai35sai:20191214214733j:image

 

駅舎の隣には関東大震災の慰霊碑


f:id:genkai35sai:20191214214814j:image

根府川駅列車転落事故 - Wikipedia

根府川駅で大正時代関東大震災が発生、土石流により車両や駅舎が海中に流されて多くの人が亡くなられたことによる慰霊碑が建てられたようです…

ここに来なければ私はこの事例を知ることは無かったと思われます

 


f:id:genkai35sai:20191214215241j:image

海とは反対側は高台のような立地になってます

 

 

本題の駅ノートを見に行くと

駅ノートが無い!!

駅舎の中や外、ホームや待合室

どこを探してもこの日は見当たらなかったです

事前に駅ノート設置駅が書いてあるサイトを見て、この企画をやってみたのですが、この日の根府川駅駅ノートが無いです

たまたまこの日だけ駅ノートが無かったのか、駅ノートが完全撤去されたのかわかりませんが無かったです

駅ノートは管理者のご厚意や駅ノートを有志で作ったものが多いと思われますので何かが理由で無いこともあるかもしれません

私は根府川駅駅ノートを目に出来ませんでしたが、以前は駅ノートが維持されていたことはご厚意や有志によって存在している素敵なものなのだとこの時私は感じました

施設管理者である鉄道会社や駅ノートを作る有志の方々でこの文化が成り立っているんですね

 

無人駅ノート企画、個人的に楽しかったです

また機会あればやってみたいです

告知は出来なかったですが、35歳限界説な男の人生記録、はてなブログにてやっております、これからもよろしければよろしくお願いいたします!