35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

高齢化社会について記事を書いてみます

日本は高齢化社会ですし、これからもその割合は増えます


f:id:genkai35sai:20191023222358j:image

 

ギャンブルって一般の人でしたら嫌いな人も少なからずいると思いますが

初めての一人暮らしで、1週間ハンバーガー生活したときの話 - 35歳限界説な男の人生記録

16~17年前の過激なパチンコ店の話 - 35歳限界説な男の人生記録

↑過去にパチンコ店舗でアルバイトしていた時期の記事です

 

過去にパチンコ店でアルバイトしていた私がよく目撃していたのは60歳以上の高齢者が平日の午前は多い、1円パチンココーナーは半分以上60歳以上なんじゃないかなと思うくらい割合居ました

60歳以上の常連さん同士、楽しく会話しながらパチンコ、ちょっとした社交場になってるんですよね

競輪場とかも60歳以上の常連さん同士で講釈言いながら観戦してる

脳も動かすし、人とのコミュニケーションも取れるので、過度にお金を使わないなら家で引きこもりする高齢者より健康的だと私は思いました

寝たきりや認知症防止になるかと

他にギャンブル以外の趣味があって外出する人はそれはそれで良いと思いますがギャンブル以外に趣味が無い人もいますからね

 

もう1点違う話もしますが

高齢化社会、高齢者が増えるから年金受給者をわざと減らす為に年金支給開始年齢がどんどん繰り上がります

60歳以上なのに労働せざる得ない人もいらっしゃいます

よく60歳以上のタクシー・バス等の運転手が事故するとか、工場の作業員が労災事故になるネットニュースを見かけます

60歳以上だと判断力や操作ミスは増えてしまう、しかし半強制的に働かせる政策をとる政治、そして事故して怪我や死亡災害になりやすい、これでいいのでしょうか?

私はこうゆう政策に否定的な考えを持っています

例え話になりますが私が政治家なら

60歳以上の人が半強制的に働かさせられて

場合によっては事故や労働災害になる

そんな現状を変える政策を取り組むと思います(私が政治家になることは無いですので、例え話ですが)