35歳限界説な男の人生記録

35歳の時にうつ病と能力不足によって仕事を休職して、1年6ヶ月後に障害者雇用で復職をした男のブログ

16~17年前の過激なパチンコ店の話


f:id:genkai35sai:20190910233541j:image

過激なパチンコ店の話を書いてみようと思います

https://35saigenkai.hatenablog.jp/entry/2019/07/02/163549

この記事で書いたパチンコ店の前に違う系列のパチンコ店でアルバイトしてました

 

一番最初に働いたパチンコ店

ミリオンゴッド(4号機)や(何故か爆連する)ビックシオやハイビ、(何故か爆裂する)ギンギラパラダイスを主力にした店舗さんで

ビックシオ・ハイビ・ミリオンゴッドとかで高設定使うと20000枚以上出るとか1日に複数台ありました(逆をいうと1日で10万円以上溶かしてる人もざらに居ました)

なので今では考えられないくらいお客さんの層も怖い、見た目や態度とか

台パンは当たり前だし、タバコでスロット台の根性焼きもある

店の役職者とお客さんとの揉めたり、台の取り合いでお客さん同士の喧嘩とかある

(何が原因かはわからなかったですが)あるお客さんがメダルを他のお客さんに投げつけてからの喧嘩とかも見たことあります

今のすごい並ぶ店舗さんよりも熱気がありました

私が最初働いたそのお店は遠隔は無かったですが、サクラの打ち子はいました

サクラが座る台は20000枚以上出るのは当たり前な感じです

サクラじゃない一般客の人ももちろん高設定の台を座ると出ますし

ミリオンゴッドで一般客が50000枚以上出して交換したこともありました

 

この時代ってスロットは4号機時代でしたし、イベント告知や設定告知の札差したりとかも出来たので、すごく熱気のある時代でしたね

この話の次にアルバイトした店舗さんは、イベント告知や設定告知の札差しだけではなく、開店から吉宗の高確率ゾーンスタートのイベントやってました

この店舗さんは遠隔やサクラの無い店舗でした

 

よく「●●のお店は遠隔してる」とかネットでの書きこみを見掛けますが

2つの会社でパチンコ店アルバイトをしましたが、遠隔操作は無かったです

サクラ使ったり、低設定使う方がお金かからないからかなと思います

遠隔だと摘発されたら物証あって営業停止の恐れもありますし